安全なHYIPの選び方・詐欺の見極めと撤退時期【HYIP投資基本】 | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

安全なHYIPの選び方・詐欺の見極めと撤退時期【HYIP投資基本】

詐欺サイトの見極め方

国内のユーザーの多くはビットリージョンがあてにならないためか、新しいHYIP案件に飛び込んで挑戦しているようですが、その多くの方は詐欺サイトの餌食になっています。

ビットコインはリアルマネーと比べて金銭感覚が狂いやすく、その数字がまるでゲームのようにすら思えてきている方もいるでしょう。
更には、ネット上で簡単にやり取りできてしまう事もあり、安易な投資が思わぬ損害を被ることもあります。

海外HYIPに投資する場合は、詐欺サイトなのかそうでないかの見極めが鍵となります。

ここでは僕自身がこれまで10件以上のHYIP案件に投資した結果をもとに、
HYIPの見極め方について説明します。

あなたがやろうとしている案件、本当に大丈夫ですか?

あなたの為に、僕自身の個人的な意見を述べています。

この後どうするかはあなた自身が考えて下さい。

高利子還元の9割以上が詐欺サイト

まず理解しておかないといけないのは、HYIPの多くの案件はSCAM。

つまりそもそもが詐欺です。

世の中のHYIPの9割以上は、世界中の人から仮想通貨を集めるだけ集め、適当な時期で逃げ出す詐欺サイトです。

特に高い利子を保証しているサイトは間違いなく詐欺サイトだと思ってよいでしょう。

具体的に言うと、日利約1.3%以上の案件は危険と判断して良いです。
また、一度の投資で永久に利子がつくタイプのHYIPも非常に危険です。

ライトライズやリッチモンドがそれに当たりますが、

数か月以内には確実に潰れます。

(一応モニタリングの為投資することがあります)

一時的に利子の支払いが行われるサイトもありますが、多くは3日~40日程度で潰れていきますので、新規案件は特に気を付けましょう。

ちなみに、僕が長く続くHYIPの目安としては、だいたい日利で0.3~1.0%程度です。

高利子で嘘っぽい案件でも最初だけは支払いが行われるサイトもあるので、
ネット上の書き込みなどで、「着金確認済み!」などと表記があったとしても安心しないでください。

少額回収した所で元本を回収できなければ意味がありません。

いつ止まるかはわからないというリスクがHYIPにはある事を、きちんと知っておくべきです。

1月8日、クルードマイナーズというHYIPサイトでは、それまで会員から集めたお金を運営側が持ち逃げして、日本人の多くが大きな被害に遭いました。
(友人の知り合いに、200万円突っ込んだ翌日に破綻したという方もいたようで、これには合掌せざるを得ません。)

1月10日、マイナービズというHYIPサイトも同様に、多くの日本人の預金を飲み込んで消えました。

そして、

2月20日には、260日の運営を誇っていた高利子HYIP・XABOの運営者がこれまた会員のお金を持ち逃げして行方をくらませています。

2月24日にはBitwayというサイトがアクセス不能に陥り、詐欺だと確定しました。

2月28日、ZINC7が170日という健全な運営に終止符を打ち、詐欺サイトへ変貌しました。

何が言いたいかというと、

もしかしたら、次はあなたが騙される番かもしれないって事です。

高額案件は絶対的にリスクが高くなりますし、しばらく続いていたとしても、
最終的には潰れるのは間違いないと思って良いでしょう。

世の中のHYIPの99%は、1年後には残っていません。

最近のHYIPは、カモを増やすためこれまでにない凄まじい利子を提示してきます。
5日で6000%や下手をすると1日で7000%など、ネット上を探せばとんでもない利子の案件が並びますが、


これは完全な詐欺です。


「自分が回収できるぐらいまでは残っているだろう」
「はじまったばかりだから、大丈夫だろう」
というのは

安易な考えです。

僕のYASACOIN記事を見ました?

そもそも支払いが1回もされない場所も多いんです。

「毎日還元5000%なら、1回でも返ってくれば元が取れる・・・」
「高額案件が3カ所もあるんだから、そのうち1カ所からでも返ってくればプラスじゃん」

と考えて、高額案件へ参加するのは、

致命的な間違いであり、それはドブにお金を捨てているのと一緒です。

ひとつぐらい本物があるかもしれないじゃないか、って?
あなたが投資したお金は、

利子を含めて1回も戻ってきませんのでご安心下さい。

厳しい言い方をしましたが、HYIP投資はそれだけ危険なものだ、という事を認識しておいてください。

更新のないサイトの情報を信用してはいけない

ビットコインの普及で、HYIP投資は去年末から一気に参加者が増えており、

HYIPに関するブログやホームページが乱立する結果となりました。

流行しているのは悪いことだけではないとは思いますが、情報が氾濫してきているのも事実です。

その結果どうなったかというと、

作ったはいいものの、放置されているサイトが大量に生まれてしまいました。

情報はスピードと正確性が命ですよね。

僕自身、このサイトが最速で完璧に正確とは口が裂けても言えませんし、情報の入手が遅れてその為に更新が遅れる場合もあるでしょう。

が、

更新が一切途絶えているサイトの情報を鵜呑みにするのは、非常に危険だと思って下さい。

詐欺と判断されたサイトを紹介したまま更新を放置して、平気で紹介されたままになっているブログは多数あります。

3月2日現在でも、すでに詐欺サイトとなったXABOを勧めるサイトの多いこと多いこと・・・

ビットヒー○ーさんしかり、

安心して見れるサイトが他になかったのも、僕がこのサイトを作った理由の一つでもあります。

実はもともと「リアル友達に分かりやすく情報を伝えるため」に作ったサイトだったんですが、

アクセス数が毎日200名近い。

どうしてこうなった・・・(・ω・;)?

わけわからんけど、趣味として続けてます(笑

ただこのサイトはあくまで趣味なので、このサイトもいつかは更新が止まる事があるかもしれません。

トップページの更新状況から察してください(笑

海外サイトも完全には信用できない

英語が得意な方は、海外サイトでHYIP案件を探しているかと思いますが、そのまとめサイトも実は、「そもそもまっとうなものではない」可能性も高いです。

私が見てきたサイトの中でも、

特に、広告が大量にはられているサイトは危険な案件ばかりが並んでいる傾向が強いです。

サイトの管理者がとにかく勧誘を優先しているサイトは、その色が強くなります。

(勧めているHYIPの1位~3位が全て詐欺だった!というとんでもないサイトも見かけましたよ)

日本人運営のサイトでも、「ビットリージョンは詐欺だ」「D9で詐欺に遭った」「XABOがもうダメ」みたいな話がそれぞれのサイトやブログで公開されているようなもので、それは個人が流している根拠も何もない噂のようなものです。(XABOは2月20日に詐欺サイトに変わりましたので、本当にダメでしたがw)
なので、情報を得るのであれば「複数の個人」がレビューを行っているサイトを参考にすると、失敗する確率は格段に減ります。

それでも100%回避はできないので、その点は注意。

私がHYIPを探すとき、参考にしているのは次のサイトです。

http://instantscamalert.com/

ただし、海外サイトは完全に信頼しきってはいけません。

それでも何故このサイトを見ているかというと

支払い状況を随時モニタリングしているのはもちろん。それにプラスしてユーザーも評価を下すことができるので、評価の多いサイトを参考にする事で、今後はともかく現状の確認が取れるわけです。

運営期間も明確に分かるため、1年以上運営が続いているサイトに関して言えば、他の案件に比べてまだマシだと個人的には思っています。

ただ、海外で有名な詐欺疑惑のRAZZLETONというサイトが紹介されていますが、これにはご注意ください。(2017年3月にSCAMと判断されて消されました)

こちらは、高額案件プランの客だけを刈り取っていると話題になっている、
詐欺である可能性が高いサイトです。(追記:噂では2000ドル以上預けたら飛ぶそうです。未確認ですが)

低額プランの利子は支払われているので、多くのユーザーから支持されており、総合評価やレビューの評判も高いです。

その為、HYIP紹介サイトでこの広告がないのは逆に珍しいぐらいです。

現在は投資家が増えたためなのか、高額プランでも支払い(できるからなのか)やっているような話は聞きます。

が、過去に高額プランに参加した途端、根こそぎもっていかれていた事があったそうです。

そんな話を聞いていたら、2017年1月には知り合いの1人が実際に被害に遭ったそうです。

なので、僕はこのサイトは「評価は高いけど」危険すぎると判断し、投資をしていません。


※追記・RAZZLETONは2017年3月に全会員の資金をロックし、完全にSCAM(詐欺)化しました。

上記サイトでは、日本人から多額の投資を奪う詐欺事件を起こしたRichmondが4月14日現在も相変わらず紹介されています。Richmondは投資額が1000ドルを超えた場合、詐欺化するサイトですので投資を行わないようにして下さい。

ちなみに、「リッチモンドは詐欺ですよ。すでに日本人が多数被害に遭っていますから掲載は控えた方がいいですよ!」とサイト運営者さんに英語で連絡してみたんですが、ガン無視されちゃいましたww


結局は、どんな情報であっても完全に信じ切るのもよくない、って事ですね。

開始直後の案件は避けよう

サービスが開始されて間もなくのHYIPは、周りにやっている人もいないので、紹介者としてはかなり優位な位置でスタートすることができます。

早ければ早いほど、紹介で稼げる。

という考えで、スタート直後の案件に手を出す方が多いですが、
HYIPの多くは、オープンから1か月もたずに閉鎖されます。
1割が3日以内、8割が10日ほどで飛びます。

もしも安全な投資をしたいのであれば、少なくとも30日以上経過して、支払いがしっかり今も行われているHYIPが最低限の投資ラインです。

ネット上を見ると、「スタートしたばかりの案件です!今がチャンス!」という勧誘・売り込みをかける方が多くいますが、その人が言うチャンスとは、大きな爆弾でもある可能性を認識しておいた方がいいでしょう。

そして、そういう売り込みをする人に限って、
売込みすることに集中しすぎて、すでにその案件が詐欺サイトと化している事にすら気が付かない。なんてパターンがめちゃくちゃ多いです。
潰れて1週間経っても、いまだにZINC7やXABOやライトライズなんて紹介してますからね。

勧めてきたのがリアルな友人であっても、自分で何も調べずに信用して大きな金額を入れるのは馬鹿のやる事です。

という事で、僕も馬鹿確定ですね(笑

Bitway事件が思い出されますww

安全を期すなら100日以上が目安です。

ですがそれでも潰れる確率は0ではありません。99%以上が1年も持たずに消えているでしょう。

ZINC7は運営開始から170日を経過していましたが、先日ついに本性を現し、詐欺サイトへ変貌を遂げましたしね。

200日以上継続していたXABOが、いきなり詐欺サイトへ変化を遂げたのも記憶に新しい事です。

3月に入り、1年以上の運営歴を誇ったサイトが次々に詐欺サイトへ変貌しています。

つまり、HYIPは長くやっているからと安易に信用せず、いつも疑ってかかるぐらいが丁度良い付き合い方ですね。

※何度も言いますが、RAZZLETON数年間続いている詐欺サイトですから、長く続いていても詐欺に遭う可能性は他のHYIPでも同様、0ではありませんよ。

案件名+SCAMで調べる

新しい案件情報が入ってきたときは、まず絶対にやらなければならない事があります。

それが、SCAM検索です。

SCAMとは英語で(詐欺)という意味で、日本ではまだ知られていない案件でも、海外ではすでに実施している人がレビューを書いていたりするものです。

実際に、僕の友人が送ってきた案件を例に調べてみましょう。

あ、次のサイトは騙される覚悟のある方以外はアクセスしないでくださいね(ネタバレ感)

案件:https://richmondberks.com/

検索結果でこのように入れます、

で、コメントがあるサイトを探します。

コメントコメント・・・・

見つけました!

やつめ、とんでもないものを紹介してきたな・・・

中央の人はただの宣伝だったので、適当に翻訳してあげました(親切心)

しかし、

海外サイトでは、評判が高いのは事実なようです。

「詐欺である」という意見と「いや、ちゃんと支払われているよ」という意見に分かれている案件なので、どちらが真実かはこの時点ではわかりません。

これまでの経験からすると、意見が分かれるサイトは危険性が高いと思って良いです。安全を求める方はこういうのはやめておいた方が賢明ですね。まるでRAZZLETONみたいですから。

一応僕も爆死覚悟で突っ込んでみますが、

あなたがもしもやるにしても、少額で投資してから元金が回収できたのを確認してから追加投資をご検討ください。

個人的には

RICHMONDは永久利子を保証しているので、確実に年内に潰れるサイトだと思っています。
(※追記、これを書いた1か月後に潰れました)

この手のサイトは逃げ切れるかどうかの勝負という訳です。この辺は危険であることを知ったうえで投資しましょうね。

さ、気を取り直して次に行きましょう。

一カ所にすべてを預けるな!

ビットリージョンの実質的な破綻騒ぎもそうなんですが、HYIPはいつその仕組みが無くなるか分からない所があります。

ビットリージョン一本でやっていた人はかなり多かったと思いますが、

1つのサイトでかなりの金額を稼いでいても、そのサイトが機能しなくなったり、無くなってしまえば収入がゼロになる・・・。なんて事になってしまいます。

1カ所のみへの全力投資は、ただのギャンブルだと断言します。

分散投資を否定する方も中にはいますが、

分散することでリスクは大幅に減らすことができますし、例え1つ2つ潰れたとしても、トータルで負けていなければ大丈夫なんです。

今はまだ1つ、2つしかやっていない方は、「分散投資をする」というのを念頭に、今後の投資計画を進められてください。

一応仮想通貨の情報サイトを運営している身ですが、

仮想通貨だけに投資するのも馬鹿な話だと思っています。

株やFXなど、世の中には投資する先はいくらでもあります。
様々な分野への投資を行い、安定した収入につなげていきましょう。

※SCAMサイトは何度でもSCAMとして蘇る

実は新案件と言われるHYIPサイトのいくつかは、すでに数年前に詐欺事件を起こしたことがあるサイトがちらほらと混じっていたりしますので注意してください。

どういう事かというと、

詐欺でお金を盗み取った挙句、数年経ってほとぼりが冷めたころにサイトを復活させて、
新たな被害者を物色している。

という行為が行われているわけですね。

以前2chでHYIP紹介している人URLに飛んでみて何気なく調べたところ、
10年前に詐欺事件を起こしたサイトだった。という事がありました。

SCAM検索をする時は、コメントが出ている年月日も要確認です。

政府の認可を信じるな!

これって何だと思います?

そうです。僕からとんでもないものを盗んでいってくれたYASACOIN様のイギリス政府認定の許可証です。

ご存知の通り(?)YASACOINは詐欺サイトでした。

実はこの認可証自体は簡単に取れてしまうそうです。

中でも、最も認可が通りやすい(審査がザル)のは「イギリス」だと言われています。

ようは、詐欺でも何でも認可を簡単に通しちゃう国が世界にはあるって事です。

「ちゃんと認可を受けているみたいだから信用できそう」

これ、絶対NGな考え方です。

「認可」という言葉に騙されないでください。

素人の僕でも作れそうな、こんな紙切れのデータ1枚で信じちゃいけませんよ。

「~~政府が認可」というのはあてになりません。

映画で言う、「全米No1」という面白くない作品の煽り文句と一緒です。

参考までにいうと、僕がひっかかった詐欺サイトのうち7つは、

イギリス政府のお墨付きでしたよ(笑)

※3月30日追記

イギリス政府の認可は99%いいえ、

120%詐欺。これは現在のHYIPの常識です。

撤退時期について

HYIPが飛ぶ前兆とは

HYIPが詐欺サイトへ変貌する直前に、いくつかのパターンがあります。

この状態に入ったHYIPはすでに飛んでいますので、逃げ出すことができない状況になっていると思います。

回避不能です

更なる被害を生まないように、次のようなアナウンスが運営から来た場合は入金は一切行わないようにしましょう。

紹介している人も、その案件の紹介は一切やらないようにしましょう。

1.「システムが変更になります」

出金条件やシステムを変更するアナウンスをして飛ぶ詐欺HYIPは多いです。

「今度のアップデートで出金方法に変更が行われます。○○ドル未満の方はこれまで通りですが、○○ドル以上出金の方は、1日以上お時間をいただきます。」
「システム変更の為数日間は出金できません」

といった言葉を事前に用意しますが、実際には低額の場合でも出金できなくなっていますし、期日後の場合も同様です。
アップデート時の不具合を装う事で、詐欺の露見を遅らせるのが目的です。

2.「DDoS攻撃を受けている」

「インターネットを経由して外部からハッキングを受けている為、出金が遅れている」
というアナウンスが行われることがあります。

私たちは攻撃を受けているので、メンテナンスを行っています。という体を装います。

こういった出金遅延の言い訳をしながら、そのまま消えていったHYIPもいくつかあります。

3.「キャンペーンを行います」

飛ぶHYIPは最後の入金を誘うため、キャンペーンという名目を使ってお金を集めます。

「今だけ手数料無料にしますよ」「○日までに入金してくれたら日利を○%UPしますよ」

というアナウンスが来たら、翌日には飛んでいる。というパターンです。甘い言葉で誘ってきますが、手には包丁を持っています。

刺されますのでご注意ください。

4.「○か月後に日本でもイベントを行う予定です」

「イベントやカンファレスが○月に予定されている」というHYIPはこれまでもありましたが、実際には行われる事は少ないです。

なぜならその前に飛ぶからです。
先日珍しいことに、リッチモンドのイベントが東京で行われたようですが、その内容は相当ひどい物だったと聞いています。参加者がこれ以上の投資は危険だと感じるレベルだったそうです(笑)
それはさておき、

「イベントの予定があるんだったらそれまでは最低でも持つだろう」

と判断して投資をするのは危ないという事ですね。

被害を生まないように注意すべきこと

まず、重要なのは

投資した元本の回収を最優先する事です。

多くの人は、「一気に収入を増やしたい」と言って、元本回収をせずに追加投資を優先してしまいがちな傾向にあります。

もちろん一度も利子を取り出さず、利子を再び再投資することで、倍以上のスピードで稼ぎ出すことができるかもしれません。

が、一度も利子を取り出さないまま、そのHYIPが終わってしまう可能性が凄まじく高いです。

HYIPをやるときは、

勝つことを目標とするのではなく、負けないことを最初の目標とするべきです。

利子が毎日回収できるタイプのサイトであれば、毎日取り出し、元本を回収し終わった時点で余った利子で回していくのがもっとも理想的なやり方です。

何かを始めるときは、その終わり方もセットで考えておく事が大切です。

無理をすることなく、生活費ではなく余裕のあるお金を使って元本回収を最優先にしながらHYIP投資をしていくようにしましょう。

続・さらに進化した詐欺HYIP考察はこちら

>>詐欺サイト化するHYIPとしぶとく生き残るHYIPの特徴【HYIP投資基本2】

※スパムメッセージが大量に来るため、この記事へのコメントは禁止としました。




※8/30今から買うなら?おすすめの仮想通貨保有割合※

ビットコイン2、ビットコインCash1、イーサリアム3、ライトコイン2、モネロ1、あとは買うならリスクあたりかな?
※このサイト運営者は病的なイーサリアムホルダーです。参考ぐらいにしておいてください。

※現在予想されている事※
【ビットコイン】11月のSegwit2xの導入で揉める9月下旬~10月に下落し、11月のSegwit2x問題決着後からは高値更新していく
【ビットコインCash】ビットコインの問題で、大手マイナーのCashのマイニング参加しチェーンが加速すると噂されているが・・・?
【イーサリアム】9月下旬にメトロポリスのハードフォークが予定
【Litecoin】Lightning Networkネットワークの導入が予定(年内か?)

イーサリアムとライトコインは買った方がいいね。ビットコインCashは博打みたいなもの(笑)
 年内達成予測早見表 海外の予測 僕の個人的な予測
ビットコイン 7000ドル
(2017年9月段階での予測)
800,000円(※以前の予測は8月に突破されましたw)
イーサリアム 1000~1200ドル
※7月中旬2019年末に1000ドルの予測へ変更・年内500ドル
50,000円
リップル 1ドル以上 ripple社の目標&海外の見方
(日本110円)
ぶっちゃけ60円程度
※人によって諸説あります。あくまで参考程度に





↓イーサリアム・ライトコイン・リップルはここで買えます
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

↓ネム、Zaifトークンはこっちですね

登録しておきたい仮想通貨取引所


コインチェック
【10種類以上扱う仮想通貨取引所】
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoinコインチェック:情報
運営会社   :コインチェック株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、Ethereum、EthereumClassic、LISK、Factom、Monero、Augur、Ripple、Zcash、ネム、ライトコイン
入金方法   :銀行入金・ペイジー対応、仮想通貨入金
取引方法   :コインチェックにより即時売買が反映
>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。
コメントの入力は終了しました。