来週(5/22~24)のNYで行われるカンファレスはイーサリアムとリップルに注目が集まっているらしい | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

来週(5/22~24)のNYで行われるカンファレスはイーサリアムとリップルに注目が集まっているらしい

ごめん、24日のライブ配信が見つからないww

↓22~24日、カンファレスがニューヨークで行われています↓



いよいよ来週に迫ってきたのがニューヨークで行われる世界最大の仮想通貨会議。

え?詳しく知っているのかって?

さっぱり内容は知らないですよ(笑)

英語が分かる人は自分で見てくださいw

>>http://www.coindesk.com/events/consensus-2017/

5/19関連記事をアップしました
>>5月22日のカンファレス前にやっておくべきリスク分散について

5/22関連記事をアップしました
>>夏までにやっておきたい仮想通貨戦略について明かしてみる

今回の会議で注目なのは世界中から期待の目を向けられている時価総額3位のイーサリアム
そして日本人・韓国人が注目しているのが、先日イーサリアムを2位の座から叩き落とし、一気に突き放して独走し始めた時価総額2位のリップル、この2つです。

今回の会議で世界中で最も注目を集めているのは、どちらかというとイーサリアムの方です。

(ビットコインは今更ですから記事から除外しますwどうせ上がるんでしょ?)

イーサリアムは日本では安定して1万円台、海外では91~93ドルを推移していますが、

海外の仮想通貨ニュースによると、

「ここのところ全く動かず空白期間があったETHだが、市場は上向きに推移しており100ドルまでは上昇する可能性が高い」

みたいな事を言われてました。

値上がりする理由は、
今後イーサリアムは市場の流通状態によって、発掘後に市場に流通される量を一時的に絞る可能性がある。という事が噂されているようです。本当かいな?

現在は発掘したものは全て市場に出てきていて価格は非常に安定している状況です。
ここで流通量が減るとどうなるか?

まあ値上がりしますよね。普通に考えれば。

そんなわけでイーサリアムは今後の方針に発表があれば値上がりするだろうし、ETH自体が市場成長の可能性はある。という事らしいです。

確かにビットコイン大暴落の日にイーサリアムは一度10000円切ったはずですが、現在11000円まで戻してきてますしね。期待していいかもしれません。

僕もリップルさえなければイーサリアムに全力投入していたでしょうから。

さあ、いよいよお待ちかね

次は皆さんにとっても重要な話であるでしょう、仮想通貨総額第2位独走中のリップルコインについてです。

リップルコインが今度のカンファレスで発表すると噂されているのが、

XRP(リップルコイン)のロックアップ(凍結)についてです。

こう聞くと、市場に出回っているものまで凍結しそうな話に聞こえますが、まったく違います。

凍結されるのは、リップルコインの発行元であるリップル社が抱える、大量のXRPについてです。

まあ、発行元だけあって大量のコインを持っているのは想像に難くないですが、この莫大な量のリップルコインが世に出回ったらどうなるか?

現在のリップルコインの価格は地に落ちます。

しかし、このリップルコインを手放すという事は、リップル社はリップルコインの存続が不可能な大打撃を受けてしまうというのと同じ意味です。

リップル社が持っているリップルコインは、ある意味では自社の持ち株のようなものだと言っていいでしょう。

なので、そうそう売りはしないはずなんですが、それがリップルコインの不安材料となっているのも事実。

そこで、

今度のカンファレスで期待されているのは「一定期間は自社の持っているXRPを売らない」という発表です。

もしもこの噂が本当だった場合、当然市場のリップル量は一定期間は制限されるのが確実になりますので、供給が過多にならないリップルの価格はこのまま上がりますし、リップルコインへの信用が深まることで世界中の投資家の参加が確実になります。

まあ、これは実際ふたを開けてみないと分からないことではありますけどね。

発表があればリップルは値上がりし始めます。


※5月17日追記

カンファレス前ですが、

リップルがロックアップを発表しました。

これによってリップルは37円→47円まで値上がりしました。

しかし、その後は42円程度で安定。

※5月18日追記

確かに伸びはしたものの、大きな影響が出る程ではなかったようです。

こういった仮想通貨市場の一連の動きを見ていて思うのが、市場がまだリップルという物を知らない。という現実です。
ビットコインという名前はおぼろげに知っていても、イーサリアムを知っている人は限られます。

ましてや最近話題になったばかりのリップルを知っている人は、更に限定的というわけでしょう。

ビットコインがようやく東京のビックカメラで使われるようになったぐらいなので、まだまだ仮想通貨の世界の成長が望まれるところです。どんどんニュースなどで取り上げて欲しい物ですね。


が、発表がなければ、失望売りが始まりリップルは30円を再び切る可能性も想定しておくべきでしょう。

まあ、僕の場合例え20円まで下がっても売るつもりがないですけどね。

僕はすでに全ての余剰資産をリップルに入れています。

※5月19日追記

リップルの一部を売却し、イーサリアムとビットコインに振り分けました。

分散大事と判断。

関連>>5月22日のカンファレス前にやっておくべきリスク分散について

関連>>夏までにやっておきたい仮想通貨戦略について明かしてみる

来週は鬼が笑うか、リップラーが笑うか、激動の1週間になりそうな予感です。



※11/25今から買うなら?おすすめの仮想通貨購入割合※
ビットコイン2、ビットコインCash2、イーサリアム2、ライトコイン1、あとは買うならリスクとモナコインかな
※このサイト運営者は病的なイーサリアムホルダーですが、今から買うならライトコインか2つのビットコインの方がいいです。まあ参考ぐらいにしておいてください。

※現在予想されている事※
【ビットコイン】Segwit2x問題終了。12月2週目にアメリカで先物取引が開始するので買いが先行すると思う
【ビットコインCash】Segwit2xのキャンセルでマイナーのサポートはビットコイン以上になったみたい。でもまだ世に出て3か月。採用している所が少ないね。
【イーサリアム】イギリスにてイーサリアム債券発行がスタートしそう
【Litecoin】Lightning Networkの導入が予定(年内は無理か?テストを終わったらしいが)これが動いたら一気に上がると思われます
【リップル】価格は上がらないが、役割としては重要視されています。2018年には2ドルになると海外情報筋は考えているとか。どうかな・・・?
【モナコイン】市場規模が200億円程度。他の通貨と比べるとまだまだ成長の余地はある

・ビットコイン買った方がいいね。ビットコインCashはまだ利用できる場が少なく本当に価値が出るまでは時間がかかると思うが、将来性は高い為半年以内に暴走する可能性もあります。
・ライトコインのLightning Networkテストが成功しました。ビットコインとのスワップ通貨になるでしょうから今のうちから少しずつ集めておくといいと思います。
・イーサリアムのICO以外での利用価値が高まります。現在の時価総額から言って高騰はしませんが、順調に成長していくとは思います。
※人によって諸説あります。あくまで参考程度に


はじめて仮想通貨を購入するならコインチェックが一番簡単!登録してすぐに取引可能
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!


ライトコイン、イーサクラシックを高く売るなら
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で



コインチェック【10種類以上扱う仮想通貨取引所】
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
コインチェック:情報
運営会社   :コインチェック株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、Ethereum、EthereumClassic、LISK、Factom、Monero、Augur、Ripple、Zcash、ネム、ライトコイン
入金方法   :銀行入金・ペイジー対応、仮想通貨入金
取引方法   :コインチェックにより即時売買が反映
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨
ビットフライヤー【6種類以上扱う有名な仮想通貨取引所】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットフライヤー:情報
運営会社   :株式会社bitFlyer
取扱通貨   :ビットコイン、Ethereum、イーサクラシック、ライトコイン、ビットコインCash、モナコイン
入金方法 :銀行入金・インターネットバンキング、コンビニ
取引方法 :BTC、ETHのみ個人取引可能、その他は販売所取引
ビットトレード【全銘柄差し値注文が可能な仮想通貨交換所】
ビットトレード
ビットトレード:情報
運営会社   :ビットトレード株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、リップル、ライトコイン、モナコイン、Ethereum、ビットコインCash
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする