インドで買われているのは”ビットコイン”1日2500人が仮想通貨市場に参加 | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

インドで買われているのは”ビットコイン”1日2500人が仮想通貨市場に参加

やはり強いビットコイン市場

2015年に開始されたインドの仮想通貨取引企業、Zebpayによると、

現在インドは空前のビットコインブーム

毎日2500人もの人がアカウントを作り、Android専用アプリのダウンロード数は50万回を突破。2017年9月末までに1,200万ダウンロードを目指す事を発表したようです。

インドの人は資産価値として安定できると見たビットコインを購入しているわけです。

日本や韓国、中国などよりも、その市場規模は緩やかになる。とは言うものの、
インド人のリップルコイン参入は、当分はないだろうな。というのが正直な感想です。

インドはまだ仮想通貨の世界が始まったばかりです。

そうなると、必然的に購入されるビットコインはひたすら値上がりを続ける事が予想されます。

確実に勝ちたい人は、今からでもビットコインを買い集めておくのが、もっとも安全制の高い投資方法になると思います。

今のビットコインの価格は高すぎて、買う気が無くなりますが、年末には25万、30万となっている可能性が非常に高いです。

というか夏には25万は簡単に到達するでしょうね。この流れ・・・。

安全を取るか、それともリップル・ネムあたりで倍を目指すか、悩みどころではありますよね。


ビットバンクトレード
サイトリニューアル告知!
だいぶ更新をサボ・・・ゴホッゴホッ。なかなか時間が取れてませんでしたから、一部情報が古かったりしています。
2019年1月に、一旦装い新たにバージョンアップしようと思ってます。
まあ、思ってるだけなんですけど。期待せずにお待ちください(笑)

イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!





Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする