イーサリアムの取引量はビットコインの半分だが価値は約36%。アンバランスは是正される? | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

イーサリアムの取引量はビットコインの半分だが価値は約36%。アンバランスは是正される?

世界ではビットコインの次にイーサリアムに注目が集まっている

※このサイト管理者は実は病的なイーサリアムホルダーです。
(・・・久しぶりにこの事を書いた気がする)

今回の記事はイーサリアムの将来性について書いてみました。

面白い物じゃないんで、興味がある人だけ読んでくださいw

さて、カンファレスが目の前に迫った21日ですが、

イーサリアムの取引トランザクションがビットコインの半分に到達した。

という話が飛んできました。

>>Ethereum、Bitcoinのトランザクションボリュームの50%以上を処理

これがイーサリアムの取引の状況で、

こっちがビットコインの取引量です。

イーサリアムがついに16万件のトランザクション(取引量)を達成し、ビットコインが現在31万件となっています。

すでにイーサリアムはビットコインの半分の件数は利用され、やり取りが世界中で行われていることになります。

しかし、イーサリアムの時価総額は、ビットコインの50%に達しておらず、なんとまだ約36%ぐらいにしか到達していません。

つまり何が言いたいかというと、

イーサリアムは本来の価値より安い価値しか与えられていないんじゃないか?

という疑問です。

これはイーサリアムを追いかけていた春先から、僕も思っていた事で、

本来イーサリアムはこの価格帯でとどまっているようなものではないはずなんです。

しかし、価格というのはいろいろな要素が加わってその価値を決定します。

本来は計算で出せるようなものではないんですが、その価値を適当に計算して出してみましょう。

イーサリアムの発行枚数は8,930万枚、
ビットコインの発行枚数は1,619万枚
(2017年2月時点)

となっているので、
枚数が多いイーサリアムの方が1枚当たりの価値が低くなるのはある意味で当然の事です。

価格を見比べてみると、

イーサリアムは1万6千円
ビットコイン26万円

(2017年5月21日17:50現在)

では、相場としての価値を計算してみましょう

  • 発行枚数: 8.930/1,619 比率は 5.5:1

発行枚数による価値は、イーサリアムはビットコインの1/5.5の価格になります。

  • 取引量:16万/31万 比率は 1:2

取引量としての価値は、ビットコインの約半分

イーサリアムの理論値は、簡単に言えば

26万円÷5.5÷2=約23,600円となります。

本当に適当に計算してみただけなので、

実際はこれに不確定の数値である「期待値X」を掛ける必要があります。

ビットコインと同等の期待値があるわけではありませんので、このXが1より下なのは間違いなく、0.6かもしれないし、0.9かもしれない。そこが難しいw

まあそれでも本来イーサリアムは
2万円前後でやりとりされてても「おかしくはない」

という事です。

ここまで1万円前半でうろついていたイーサリアムの価格が、イベントを終えて期待値が高まり上がっていったのは、

ある意味当たり前だったと言えます。

あまりに一気に上がりすぎたので、ちょっと怖いですけどねw

春からずっと待ってたんですよ、、、上がってくるのを・・・!

しかしリップルが上がってきたのでそっちに全フリしてたわけで、本来の僕はイーサリアム推しですw

先日リップルを一部売却し、ようやくイーサに帰ってきました。
またリップルに出張に出るかもしれないけどwそれは許せw

10000円の時に離れて、リップルへの出稼ぎから帰ってきたのはイーサが13000円の時。そこからするとだいぶ頑張って値上がりしたみたいだけど、

せっかくだったらもうひと伸びして欲しい所です。頑張れw

話がズレました。

そしてもう一つ。海外の記事に上がっていたのが、

イーサリアムが注目されている理由は、処理能力の凄さと将来的なビジョンがすでに存在している点です。

ビットコインはすでに処理量が多すぎて、このままだとパンクする。とは以前から言われています。これは皆さんもご存じのとおりです。

が、イーサリアムはビットコインがパンクする量を処理しても、技術的には問題ないと言われています。

イーサリアムはビットコインVer.2と言われるだけあって、ビットコインよりもこの辺の仕組みが強いです。

それだけでは飽き足らず、2018年-2019年にかけて、

2つの方法で更なる処理効率のバージョンアップが提供される予定で、1日に100万件。
そして将来的には1日10億件の処理が行えるようになる可能性があるそうです。

価格高騰し、流通量も増加、トランザクション増加でどうしようもなくなってきたビットコインに対して、
イーサリアムは余裕な顔して将来を見据えているわけです。

今の600倍まで対応できるってのは凄すぎますよね。将来はビットコインより安泰です。

これだけ有望視されるイーサリアムの強さと価格上昇は、今年すでに約束されたもの、と言えるんでしょうね。

短期で一気に上がったので一度また下がるかもしれませんが、今年上がるのは間違いない通貨ではあります。

イーサリアムへの投資は、「安定して増やしていきたいなら」考えておいた方がいいと個人的には思います。

※読み返すと、「イーサリアム万歳!」みたいな面白くない文章を書いてしまてました。

許してw




※8/30今から買うなら?おすすめの仮想通貨保有割合※

ビットコイン2、ビットコインCash1、イーサリアム3、ライトコイン2、モネロ1、あとは買うならリスクあたりかな?
※このサイト運営者は病的なイーサリアムホルダーです。参考ぐらいにしておいてください。

※現在予想されている事※
【ビットコイン】11月のSegwit2xの導入で揉める9月下旬~10月に下落し、11月のSegwit2x問題決着後からは高値更新していく
【ビットコインCash】ビットコインの問題で、大手マイナーのCashのマイニング参加しチェーンが加速すると噂されているが・・・?
【イーサリアム】9月下旬にメトロポリスのハードフォークが予定
【Litecoin】Lightning Networkネットワークの導入が予定(年内か?)

イーサリアムとライトコインは買った方がいいね。ビットコインCashは博打みたいなもの(笑)
 年内達成予測早見表 海外の予測 僕の個人的な予測
ビットコイン 7000ドル
(2017年9月段階での予測)
800,000円(※以前の予測は8月に突破されましたw)
イーサリアム 1000~1200ドル
※7月中旬2019年末に1000ドルの予測へ変更・年内500ドル
50,000円
リップル 1ドル以上 ripple社の目標&海外の見方
(日本110円)
ぶっちゃけ60円程度
※人によって諸説あります。あくまで参考程度に





↓イーサリアム・ライトコイン・リップルはここで買えます
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

↓ネム、Zaifトークンはこっちですね

登録しておきたい仮想通貨取引所


コインチェック
【10種類以上扱う仮想通貨取引所】
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoinコインチェック:情報
運営会社   :コインチェック株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、Ethereum、EthereumClassic、LISK、Factom、Monero、Augur、Ripple、Zcash、ネム、ライトコイン
入金方法   :銀行入金・ペイジー対応、仮想通貨入金
取引方法   :コインチェックにより即時売買が反映
>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする