SBIバーチャルカレンシーズの開設前にやっておくべきことについて | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

SBIバーチャルカレンシーズの開設前にやっておくべきことについて

動かなくなる仮想通貨取引所が続出

5/26、仮想通貨市場が過去に前例がないほどの取引量を示している現状ですが、

海外の取引所はこの事態に悲鳴を上げています。

上の画像は海外のCoinbaseという取引所のものですが、

Coinbase.comは取引増加に耐えられず、メンテナンス状態に移行。

欧州市場におけるビットコイン取引の60%以上を占める米国の取引所Krakenもこう言ってます。

「今のままだともう無理。泣きそう」

www

というわけで海外ではてんやわんやなんですが、
日本でもこういった事他人事ではなく、

実は目の前に迫ってきている問題です。

というのも、原因になりそうなのはやっぱりこれですよ、これ

そうです。

SBIバーチャルカレンシーズ開設が近いからですw

SBIの仮想通貨取引所の開設は、現在国内の仮想通貨保有者が心待ちにしています。

なので、開設直後には凄まじい量の開設申し込みと、資金移動が行われることが容易に想像できます。

最大の移動元になりそうなのは、どう考えても現在取引量国内No.1のコインチェックですよね。

つまり、SBIのオープン直後に起こることは、

コインチェック⇒SBI への通貨大移動です。

将来的にSBIバーチャルカレンシーズが開設した場合、

この2つの取引所で取引量の増加が起こり、通信障害などのパニックになる可能性があり得る
と警戒しておいた方がいいでしょうね。

というわけで、持っているビットコインやイーサリアムは、Zaifやビットフライヤーなどに部分的に退避を考えておいた方がいいでしょうね。

リップルだったら・・・

リップルだったらどこに送ろうか・・・・?

poloniexぐらいしか逃げ場所がなさそうですが、あそこは個人認証2段階目の解放がないと1日2000ドル分までしか移動できない罠が張ってあるからな・・・

ま、まあ、
今のうちにpoloniexを開設しておくのが最も賢い選択だと思います。

(※poloniexも先日サーバーぶっ飛んで同じような状況に陥ってました。ようするに”全部1カ所に集めておくこと”が危険です)

あ、

仮に障害が起こったとしても、通貨そのものがなくなるなどのトラブルはなく、
単に今回紹介した海外取引所のように、一時入出金や取引が中断する状況になる可能性があるだけなので、動かすつもりがない人はスルーしてもいいです。

その間に売り時逃したら困る!という方は、早めにいろんな取引所の開設を行い、分散して保管することをお勧めしておきたいですね。

どこが安全?というと、
そりゃあSBIを一番お勧めしたいですが、

SBIバーチャルカレンシーズが開設すると同時に全ての人が全部の仮想通貨を移動させてたら、きっとトラブルの元になるでしょうね。

6~7月に開設予定と言われていますが、開設と会員登録が開始されてもSBIへの送金は1~2週間は控えておいた方がよさそうだと個人的には思います。

まとめると

  • コインチェック・ビットフライヤー・Zaifなどにビットコインやイーサリアムは分散しておく(※Mrリップル以外)
  • poloniexの登録を終わらせておき、出金制限の限度を上げておく(パスポート提出が必要です)
  • SBI取引所開設の時は、口座開設だけして送金は控えておく

と、こんな感じですかね。

まあ、確実にSBIバーチャルカレンシーズには人がなだれ込みます。

巻き込まれて踏まれないように、十分ご注意下さい。



※2/1今から買うなら?おすすめの仮想通貨※
ビットコイン、イーサリアム、EOS、LISKあたりかな
※このサイト運営者は病的なBCHとETHホルダーです。
長期で考えるならBCHは悪くないと思いますが、ビットコインと同じようにしか動きませんし、短期的には期待しないほうがいいです。
ちなみに、もっとも安定する投資先は今はイーサリアムです。貯金感覚なら最適

まあ参考ぐらいにしておいてください。


※現在予想されている事※
コインチェックがどうなるか分かりませんが、2018年は全体的に低調な滑り出しです。
去年のような爆上げ要素が今のところないため、ホールドするのが正しいこととは言いません。それぞれの状況に合わせて現金化なども行いましょう。


【ビットコイン】ビットコインの遅さと手数料の高さがネックだが、利用個所は増えている。通貨ではなく金と同じものとして考えた方が良い。

【ビットコインCash】好材料は多いが、最近はビットコインと同じ動きしかしていない。買うなら長期保有の覚悟が必要。

【イーサリアム】最も安定した貯金感覚の投資先。大好きだよ

【Litecoin】Lightning Networkの導入はいつ?ビットコインのサブ的な位置づけですし、ビットコイン次第です

【リップル】世界的に銀行間での送金の役割として重要視されています。2018年には2ドルになると海外情報筋は考えているが、普通に3ドル超えてったね。その後大きく下落。巻き返しなるか?


※人によって諸説あります。あくまで参考程度に


イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!


ライトコイン、イーサクラシックを高く売るなら
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

リップルを安く買う、高く売るなら
ビットトレード



Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨
ビットフライヤー【6種類以上扱う有名な仮想通貨取引所】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットフライヤー:情報
運営会社   :株式会社bitFlyer
取扱通貨   :ビットコイン、Ethereum、イーサクラシック、ライトコイン、ビットコインCash、モナコイン
入金方法 :銀行入金・インターネットバンキング、コンビニ
取引方法 :BTC、ETHのみ個人取引可能、その他は販売所取引
ビットトレード【全銘柄差し値注文が可能な仮想通貨交換所】
ビットトレード
ビットトレード:情報
運営会社   :ビットトレード株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、リップル、ライトコイン、モナコイン、Ethereum、ビットコインCash
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. フク=ミゾン より:

    Gatehubはセキュリティ突破されてるという話なので
    リップルの退避ならデスクトップウォレットが良いと思います。
    私は↓を参考にしてデスクトップウォレットに保管しています。
    http://gtgox.com/ripple/20160911/%E3%83%87%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%A7xrp%E3%82%92%E8%B2%B7%E3%81%86%E6%96%B9%E6%B3%95/