マウントゴックス被害者に3年ぶりにビットコインが返ってくるかもしれない件 | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

マウントゴックス被害者に3年ぶりにビットコインが返ってくるかもしれない件

マウントゴックス、債権者へビットコイン返還か?

ほとんどの人には関係のない話でしょうけど、

巨額の横領で破綻したマウントゴックス社から、債権者へのビットコインと資産の配分が行われる可能性が出てきました。

マウントゴックスは、世界最大規模のビットコイン取引を行っていた事もある東京渋谷で運営されていた会社です。

2010年に事業転換して暗号通貨取引所としてスタートし、
2014年2月24日、突如サイトを閉鎖。

2015年8月初めに顧客のビットコインを不正に操作したという嫌疑で、元CEOのMark Karpeles氏が逮捕されました。

世界中の多くの人々がビットコインをこの取引所に預けていた為、世界各地から抗議の為に来日し、現場となった会社前は一時騒然としていました。
当時この事件がきっかけで仮想通貨を”危険な物”と認識させるに至ったわけです。

これがいわゆる、ゴックス事件です。

当時はビットコインの存在自体知らなかったなーw
(※僕がビットコインを知り、購入したのは2016年9月が初めです)

マウントゴックスの元CEOのMark Karpeles氏によると、顧客から預かった744,408ビットコインはそのほとんどが消失したと発表しており、
破産した時点で会社の残ったのは200,000ビットコインと10億円の現金資産があり、この資産は債権者へ分配される予定だそうです。

ビットコインの値上がりもあって、債権者には当時の金額レートで満額返金される可能性もあるようです。

不幸中の幸いとでも言えばいいんでしょうかね・・・。まあ3年間返ってこなかった物が返ってくるんなら、そりゃ嬉しいでしょうね。

情報ソース>>ビットコインで債権者への配当検討 破綻時より価値5倍

僕にもビットリージョンからビットコイン返ってこないかな・・・
運営者さえ分かれば訴えてしまいたい・・・。

なんて事を考えちゃう今日この頃ですw


ビットバンクトレード
サイトリニューアル告知!
だいぶ更新をサボ・・・ゴホッゴホッ。なかなか時間が取れてませんでしたから、一部情報が古かったりしています。
2019年1月に、一旦装い新たにバージョンアップしようと思ってます。
まあ、思ってるだけなんですけど。期待せずにお待ちください(笑)

イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!





Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする