Lightning Networkがビットコイン転送テスト成功!ビットコインの未来を雷が照らす!? | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

Lightning Networkがビットコイン転送テスト成功!ビットコインの未来を雷が照らす!?

Lightning Networkがビットコイン転送テスト成功を発表

まあ、ビットコインの突然の分岐で少しワタワタやっている時期ですが、別枠ですが情報が来たので一応。

Lightning Network開発者より

Segwitを用いず、ライトニングネットワークを使い、リアルビットコインを使った送金を行うテストが成功した事が発表されました。

Lightningと聞くと、ライトコインの事かな?なんて思ってしまう方もいると思いますが違います(笑)

Lightning Networkは構想は2015年、開発は去年から進んでいた、ビットコイン業界に革新をもたらす次世代の送金ネットワークです。

ビットコインの送金をよくやる方はご存知だと思いますが、現在ビットコインはある一定の数量までしか送ることができません。
例えば最小単位である1Satoshiを他社に送ろうとしてもそれは不可能です。
手数料が送る金額以上にかかる事もありますし、移動までに少なくとも10分という時間がかかります。
そういった面からもビットコインはまだまだ実用的でないという批判があるのも確かです。

しかし、それを可能にするのがライトニングネットワーク。

ライトニングネットワークでは、

・ミリ秒単位で数千単位のトランザクションが可能になる

・マイニングにかかるコストは、チャネル作成時と、チャネルクローズ時のみ

・最小の単位である0.00000001BTC(1satoshi)単位という、少額での支払いが可能

という事が可能になります。

簡単に言いますと

激安で送金、わずか数秒で送金完了。1円からOK

という次世代のトンデモネットワークです。

従来のビットコインでの送金は、自分と相手の2者間でチャンネルを開いてやり取りをすることになるのですが、ライトニングネットワークを使う場合は相手と直接つながっていなくても、ネットワーク上でつながっている人同士でやり取りが行われます。

リップルなんかを例に出すと分かりやすいですね。

リップルは2者間でやりとりするのではなく、あくまでネットワークを使って中継をはさんで相手側に送金を行う事ができます。ライトニングネットワークの場合も基本的な考え方は同じなので、厳密には違う物の分かりやすく言えばまさにリップルです。

ちなみにライトコインは、ビットコインよりも先に次世代と言われるライトニングネットワークを導入するためにSegwitを入れてました。

それは、電子署名が”別管理”されるセグウィット(Segwit)という技術がライトニングネットワークには絶対必要!と言われてきたからです。

ビットコインも、ライトニングネットワークという次世代のものを入れる為にはSegwit導入が必要だとこれまで言われてきましたが、

今回のテストでは、Segwitを導入せずにライトニングネットワークだけでビットコイン送金が可能になったことが発表されたのも特筆すべき点でしょうか。

これがもしビットコインに実装されれば、ビットコインの”通貨としての価値”は跳ね上がります。

今回そのテストが成功したって話は、
まさにビットコインの将来を明るく照らす情報なわけです!

ただ、問題がないとは言えません。

これをやられるとマイナーさんが死ぬかもしれないからですwww

強欲なBitmainなんかは特に、手数料が激安になるこのライトニングネットワークを嫌うでしょうね・・・w

もう、さっさといなくなってくれようw

なんて思っているのは僕だけじゃなく世界中にいるようですww

本当に導入してくれたら、ビットコインの価値は一気に1.5倍ぐらいいきそうですけどね。

情報ソース>>Bitfuryがライトニングネットワークのテストを成功裏に


ビットバンクトレード
※4/16今から買うなら?おすすめの仮想通貨※
今は仮想通貨市場の復旧時期です。G20も終わり、コインチェック騒動もマネックスによる買収で終わり、
マイナス要素が出揃い終わった事で市場はようやく健全な状態に戻ろうとしています。
ただし、情報一つで次にどう転ぶかは分かりませんから、無理せず必要な金額は現金化し取り出し余剰資金でやる方が賢明です。

これから買うなら、ビットコイン、イーサリアムですかね。
※このサイト運営者は病的なBCHとETHホルダーです。
まあ参考ぐらいにしておいてください。


※現在予想されている事※
【ビットコイン】ライトニングネットワークがすでにベータに突入。本格的に導入が始まると、急激に投機熱が戻ってくる可能性がありますが、投機はやめておいた方がいいと思うよ?

【ビットコインCash】好材料は多いが、ビットコインよりワンテンポずれた動きしかしない。買うならビットコインが急激に上がった時。

【イーサリアム】新技術Plasma Cashが開発中。ハッキングに強くなるもので、完成するとOmiseGOにも導入されます。

【Litecoin】ダークウェブで大人気(笑)ライトニングネットワークが入るとさらに強くなりそう

【リップル】世界的に銀行間での送金の役割として重要視されています。


※人によって諸説あります。あくまで参考程度に


ライトコイン、イーサクラシックを高く売るなら
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

リップルを安く買う、高く売るなら
ビットトレード
イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!





Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
ビットフライヤー【6種類以上扱う有名な仮想通貨取引所】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットフライヤー:情報
運営会社   :株式会社bitFlyer
取扱通貨   :ビットコイン、Ethereum、イーサクラシック、ライトコイン、ビットコインCash、モナコイン
入金方法 :銀行入金・インターネットバンキング、コンビニ
取引方法 :BTC、ETHのみ個人取引可能、その他は販売所取引
ビットトレード【全銘柄差し値注文が可能な仮想通貨交換所】
ビットトレード
ビットトレード:情報
運営会社   :ビットトレード株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、リップル、ライトコイン、モナコイン、Ethereum、ビットコインCash
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。