Poloniexでも盗難被害に遭っちゃいました!取引所のウォレットはすでに危険だと思う件 | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

Poloniexでも盗難被害に遭っちゃいました!取引所のウォレットはすでに危険だと思う件

Poloniexでの盗難被害報告

さてさて、ここで皆さんに悲しいお知らせがあります。

え?サイト閉鎖?

しませんよ?ww

じゃあ何かって?

また盗難に遭っちゃったんです。はい。

8/5にZaifで盗難被害に遭ったことは記事にしましたので、すでにご存知の方も多いと思いますが、

実は、同じ日にpoloniexでもハッキングを受け、盗難されてしまっていたことに8/9になってようやく気が付きました。

被害額、3000ドル!!(>口<;)

Zaifの2万円は笑ってすませましたが、これは結構痛手です!

ぼ、僕の10,000犬コイン(DOGE)があああ!

これは、ご飯が2杯しかお代わりできないぐらい、僕にとってショッキングな出来事でした・・・

なぜ気が付かなかったかって?

poloniexの存在自体、頭から外れていたからですww

だいぶログインしてなかったからw

僕がこれまで利用していた取引所は

ビットフライヤー、コインチェック、Zaif、poloniexの4つで、これで使っていた内の2つが被害に遭ったことになります。

もうやだーw

同じく2段階認証をする前だったので、軽々と突破されたと思うんですが、
いろいろ検証して分かった事は、

どうやら最近、Gmailなどのフリーメールでの登録者が狙われる傾向が強い!という事です。

PCのハッキングやデータ流出の可能性なども考えたのですが、
実は僕はエクセルファイルでそれぞれの取引所のIDとパスワードを管理しているんで、もちろんこの4つの取引所のIDとパスワードは同じファイルにバッチリと載せちゃってます。

しかし、被害に遭ったのはZaif、poloniexの2つのみ。

一番多額の預金を残していたビットフライヤーとコインチェックが無事だったのはなぜか?

そうです。

被害に遭ったZaifとpoloniexの共通点とは

同じGmailアドレスで登録していたサイトだったわけです!

ビットフライヤーとコインチェックは別のメールアドレスだったので、被害に遭わずに済んだわけです。

たぶん全部同じメールアドレスで登録してたら、全部やられてましたね。

あっぶねーーーーーー!!!

ついでに言うと、Krakenも同じメールアドレスでアカウントを作っていたんですが、
やはり同日にログインされた形跡がありました。まあ残高1円たりとも入ってなかったんだけどねw

不正ログインされた3つの取引所はGmailをハッキングして入ったのは間違いないです。

というわけで、フリーメールで取引所に登録している方、特に気を付けた方がいいです。

ちなみに、

犯人は、どうやらアメリカ在住者のようです。

ごめん、まっさきに中国を疑ってたw ホントごめんw

IPアドレスから、米国アリゾナ州テンペにあるSecured Servers LLCという組織のPCアドレスみたいです。

犯人特定できてるんだったら、被害届出した方が良いよねww

それは置いておいて、もう一つご報告しておくと

最近、僕以外にも取引所のウォレットがハッキングされて盗難に遭うケースが増えてきているようです。

先日の「Zaifで盗難されたー!」という記事のコメントに、“ビットフライヤーで2段階認証していたにもかかわらず盗難された”というケースも報告されており、

2段階認証してもヤバイ状態だと思っておいた方が良さそうです。

ビットフライヤーやZaifなんかは2段階認証のパスワードがメールで送られてくるため、メールアドレスをハッキングされると簡単に2段階認証を突破されます。

なので、僕の場合2段階認証をしていても、たぶん被害は防げなかったわけですね。(※コインチェックの2段階認証は、時間経過で変わるパスワードなので他と比べて固いと思いますが、同じ仕組みのMr.リップルは2段階認証を破られていたのであてにはできません)

つまり、取引所のウォレットは危険地帯でしかないという事です。

僕は今回の2件の連続した被害(被害額、合計32万円以上)を受けて、

ハードウォレットの購入を決意しました。

僕はこれから、仮想通貨を持っている全ての方にこう言います。

ハードウォレットが必須となる時期がきています。

ログインしたら預金がゼロになっていた!なんて被害者がこれ以上増えないようにしないといけません。

なので、

ハードウォレットを買え!声をにして言います。

僕?

ビットコインとイーサ、リップルの3種類だけですが、すでに退避を完了しました。

ネットで調べて色々迷いましたが、結構使いやすいですよコレ。
ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサクラシック、リップルなどに対応しています。

Ledger Nano S (レジャー・ナノS)ビットコイン&イーサリアムハードウェアウォレット【正規品】

お値段がプレミア価格になっていましたが、これ以上取引所に預ける危険性を背負いたくなかったのですぐに買いました。
15000円は直接取り寄せの1.5倍ぐらいの価格です。しかしこの価格差があるとしても安全を最優先に取る事にしました。

とにかく一刻も早く、退避したかったんです。

ハードウォレットはかなり品薄になる事も多いです。

8月現在、価格が安い出品者は入荷予定日が9月中旬~下旬のものばかりですので、すぐに欲しい方は購入の際出荷日を確認して下さい。

ちなみに、セルフGOXの可能性とか考えてましたが、家が全焼するか何かしない限りは大丈夫みたいですよ。※ハードウォレットの使い方に関しては、一応数日内にUPしますね~。

1~2万の出費で、自分の資産を守れるなら、安いもんだと思います。

だてにあの世は見てn・・・

じゃなかった、

だてに2回も盗難被害を受けてませんよ!

もう僕は、取引所に資産を置きたくない・・・そう心から思った今回の出来事でした・・・。

皆さんも、そろそろハードウォレット購入されてください。

最近、マジでヤバくなってきてます。

リアル友人には「速攻で買え!」と言いました。

まさかハードウォレットの買い煽りをする時期がくるとは、思ってもみなかったねwww




※8/30今から買うなら?おすすめの仮想通貨保有割合※

ビットコイン2、ビットコインCash1、イーサリアム3、ライトコイン2、モネロ1、あとは買うならリスクあたりかな?
※このサイト運営者は病的なイーサリアムホルダーです。参考ぐらいにしておいてください。

※現在予想されている事※
【ビットコイン】11月のSegwit2xの導入で揉める9月下旬~10月に下落し、11月のSegwit2x問題決着後からは高値更新していく
【ビットコインCash】ビットコインの問題で、大手マイナーのCashのマイニング参加しチェーンが加速すると噂されているが・・・?
【イーサリアム】9月下旬にメトロポリスのハードフォークが予定
【Litecoin】Lightning Networkネットワークの導入が予定(年内か?)

イーサリアムとライトコインは買った方がいいね。ビットコインCashは博打みたいなもの(笑)
 年内達成予測早見表 海外の予測 僕の個人的な予測
ビットコイン 7000ドル
(2017年9月段階での予測)
800,000円(※以前の予測は8月に突破されましたw)
イーサリアム 1000~1200ドル
※7月中旬2019年末に1000ドルの予測へ変更・年内500ドル
50,000円
リップル 1ドル以上 ripple社の目標&海外の見方
(日本110円)
ぶっちゃけ60円程度
※人によって諸説あります。あくまで参考程度に





↓イーサリアム・ライトコイン・リップルはここで買えます
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

↓ネム、Zaifトークンはこっちですね

登録しておきたい仮想通貨取引所


コインチェック
【10種類以上扱う仮想通貨取引所】
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoinコインチェック:情報
運営会社   :コインチェック株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、Ethereum、EthereumClassic、LISK、Factom、Monero、Augur、Ripple、Zcash、ネム、ライトコイン
入金方法   :銀行入金・ペイジー対応、仮想通貨入金
取引方法   :コインチェックにより即時売買が反映
>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 通りすがり より:

    もしかしてポロニエックスとZAIFのパスワードは強固なものではなく弱いパスワードで、さらに両方の取引所で同じパスワードを使用していたとかですか?

    でないと2回も盗まれるとかちょっと考えにくいのですが

    • 天才ビットくん より:

      こんばんは^^
      2つの取引所は違うパスワードを使ってました。
      ポロのパスワードは弱いですが、Zaifは固いパスワードでしたね。
      追記しましたが、krakenも違うパスワードでしたが不正ログインされた形跡がありました。
      盗んでいった人物のIPアドレスは一緒なので、犯人は全て同じです。

  2. むぎこ より:

    ちょ…なんて事ですか…(◉◞౪◟◉;)
    で…でもBFとCCの方が額が大きいと思いますので、最悪の事態だけは避けられたって事で…!(すみません慰めにはなってないかもしれませんが…)
    同一人物が犯人って事まで分かっているなら何とかなりませんかね、ホント…。

    何なら私ペーパーウォレットでもいいんですが、やり方がイマイチ分かりません…。
    天才ビットさんが購入されたハードウォレットは日本語の説明書はありましたか?
    お、お願いがあります…私英語が幼稚園児レベルですので、もしウォレットの使い方の記事をアップする際は「そこまで説明せんでも…w」くらいに、なるべく詳細に書いて下さい…!お忙しいと思うのに変なお願いしてスミマセン…(T_T)

    • 天才ビットくん より:

      残念ながら日本語の説明書は入ってなかったですね。
      ただ、それほど難しい物ではなかったです。慣れてしまえば出し入れもかなり簡単でした。
      記事は・・・分かりやすくなるように頑張りますねw