中国ICO禁止措置を受けて、新たな通貨に関するトークンが上場廃止へ | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

中国ICO禁止措置を受けて、新たな通貨に関するトークンが上場廃止へ

中国のICO禁止措置が与える影響

中国でICOの全面的な禁止が取られる中、ほかの国々でもICOに対する規制の枠組み作りが始まっています。
カナダなどはすでに規制に基づいた新しいICOを公開するなど、世界的な動きに変化が見られてますし、今後さらにこういった動きが強まるんでしょうね。

さて、今回の中国のICO禁止措置によって新たな通貨に関するトークンなどの上場廃止が相次いで発表され、投資家たちがパニック的な行動を起こしているようです。

トップコミットメントとしてOKCoinとHuobiの背後に位置するYunbiは、QTUM、GXS(GXShares)を含むICO関連のコインの上場廃止の鍵となる中国政府による醸造の初期コイン物件提供(ICO)禁止を挙げている。

EST
ANS(NEOは以前はAntsharesとして知られていた)、DGD(DigixDAO)
1ST(FirstBlood)
GNT(Golem
REP(Augur)
SNT(Status
OMG(OmiseGo
PAY(Tenx)
LUN
VEN(VeChain)
である。

上場廃止となる13のトークンは、世界で22番目に大きな取引所が発表される前の24時間で取引される41.6百万ドルのうち、約26百万ドル(約65%)を占めています。Yunbiは早い段階で取引所の取引機能を一時的に中断した直後に「内部自己検査」を行い、APIを一時停止したと伝えていた。投資家の間でのパニック販売により、上場廃止されたトークンのほとんどは、市場価値の下落を予想しています。

情報ソース>>60%貿易切り引き:中国の取引所はNEO、その他を上場廃止

※日本人に影響がありそうなトークンを赤字にしています。

特に、先日話題になったばかりの「中国のイーサリアム」こと、NEO。
そしてイーサリアム保持者に配られて高騰を続けていたOmiseGoのトークンなどはこの禁止措置の直撃を受けたようです。

NEOベースでのICOを発表していた企業などは、今後の中国政府の動きを注意深く見守るとしていますがどうなるか・・・。中止になる可能性もあり、NEOの価格自体も影響が出てきそうです。

中国のこうした動きは全てのICOトークンに影響を及ぼしており、PBOCの発表から9割もの種類のトークンが大きな下落を見せました。

ICOの過熱も、ここらでおしまいなのかもしれないな・・・

なんて思う今日この頃ですが、トークン価格はその翌日には大幅に戻ったわけで。。。

ちなみにNEOのトークン価格は9月4日の27.14ドルから​​19.70ドルへと低下し、翌日には24.44ドルに戻ったようです。現在21ドル付近。

中国の与えた影響は秋の間は続きそうだ。と言われており、価格が復旧するには少し時間がかかりそうですね。




※8/30今から買うなら?おすすめの仮想通貨保有割合※

ビットコイン2、ビットコインCash1、イーサリアム3、ライトコイン2、モネロ1、あとは買うならリスクあたりかな?
※このサイト運営者は病的なイーサリアムホルダーです。参考ぐらいにしておいてください。

※現在予想されている事※
【ビットコイン】11月のSegwit2xの導入で揉める9月下旬~10月に下落し、11月のSegwit2x問題決着後からは高値更新していく
【ビットコインCash】ビットコインの問題で、大手マイナーのCashのマイニング参加しチェーンが加速すると噂されているが・・・?
【イーサリアム】9月下旬にメトロポリスのハードフォークが予定
【Litecoin】Lightning Networkネットワークの導入が予定(年内か?)

イーサリアムとライトコインは買った方がいいね。ビットコインCashは博打みたいなもの(笑)
 年内達成予測早見表 海外の予測 僕の個人的な予測
ビットコイン 7000ドル
(2017年9月段階での予測)
800,000円(※以前の予測は8月に突破されましたw)
イーサリアム 1000~1200ドル
※7月中旬2019年末に1000ドルの予測へ変更・年内500ドル
50,000円
リップル 1ドル以上 ripple社の目標&海外の見方
(日本110円)
ぶっちゃけ60円程度
※人によって諸説あります。あくまで参考程度に





↓イーサリアム・ライトコイン・リップルはここで買えます
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

↓ネム、Zaifトークンはこっちですね

登録しておきたい仮想通貨取引所


コインチェック
【10種類以上扱う仮想通貨取引所】
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoinコインチェック:情報
運営会社   :コインチェック株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、Ethereum、EthereumClassic、LISK、Factom、Monero、Augur、Ripple、Zcash、ネム、ライトコイン
入金方法   :銀行入金・ペイジー対応、仮想通貨入金
取引方法   :コインチェックにより即時売買が反映
>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする