ロシアは世に流通している暗号通貨を使わずに「cryptoruble」という独自通貨発行に動く模様 | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

ロシアは世に流通している暗号通貨を使わずに「cryptoruble」という独自通貨発行に動く模様

ロシアはビットコインやその他のコインを使わず国家の暗号通貨発行を発表

ロシアはビットコインやそのほかの通貨を使わずに、自国で発行する「cryptoruble」という名称の通貨を利用するようになるようです。

情報ソース>>プーチン大統領、ロシアの国家クリプトクルーシンク問題を命令

ビットコインやその他のアルトコインは、投資家たちの行動で価値が上下してしまうため安定しておらず、ロシアの中央銀行などが反対を表明していたわけですが、

結局はロシアは「Cryptoruble(ロシアの管理下に置かれる暗号通貨)」として扱う事で、「Cryptocurrencies(暗号通貨)」との扱いを分けたことになります。

このロシアが発行するコインに関しては、マイニング不可能なものであり、完全にロシアの中央銀行や財務省の意図が反映されるものとなるようです。

まあ日本が開発しているらしいJコインとかも似たような扱いでしょうがね。

せっかくならイーサリアム使ってほしかったんですが、使うのはブロックチェーン技術ぐらいに収まるんじゃないかな?と思っています。

海外ユーザーからはこの動きに対して、

「ロシアって暗号通貨がなんたるかが分かっていないよね」

「閉鎖的なコインになるんじゃね?」

「中央銀行や政府に管理される通貨なんて信用できないよね」

などと厳しいコメントが寄せられていました。

ロシアはどこに行こうというのか・・・

市場に参入してくれると期待していただけに、この迷走ぶりはちょっとガッカリ感がありますねw

これはもう、最近ビットコイン利用が普及しているオーストラリアに頑張ってもらうしかないか。

参考情報>>オーストラリアのBitcoin採用が規制改正に伴い増加


ビットバンクトレード
サイトリニューアル告知!
だいぶ更新をサボ・・・ゴホッゴホッ。なかなか時間が取れてませんでしたから、一部情報が古かったりしています。
2019年1月に、一旦装い新たにバージョンアップしようと思ってます。
まあ、思ってるだけなんですけど。期待せずにお待ちください(笑)

イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!





Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする