資金移動が禁止される中国取引所と増大するインドのビットコインユーザー | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

資金移動が禁止される中国取引所と増大するインドのビットコインユーザー

中国のすべての取引所はビットコイン取引を10/31に完全停止

10/31をもって完全な停止となる中国の取引所ですが、中国のビットコイン市場は急速な減退を見せています。

すでにビットコイン取引量では圧倒的に日本が上、中国元との差は65倍。

ここまでくると、もはやビットコインは日本のものになっていると思っていいでしょうね(笑)

すでに中国元によるビットコイン取引は米ドル、ウォンはもちろん、ユーロの下まで影響力を弱めています。11月にはポンド以下まで落ちるんじゃないかな?

中国の動向は、すでにビットコインの価格にほとんど影響を与えないでしょうね。

急増するインドのビットコインユーザー

インド国内では通貨の暴落や銀行の救済措置問題に直面しており、ビットコインへ傾倒しているようです。上の画像の通り、インドルピーはまだまだビットコインへの影響力は低いんですがね。

ジンバブエドルでも同じようなことが起きていますが、どこかの国で通貨危機が起きるとビットコインのようにどこの国にも属さない通貨に退避する傾向がありますね。

インドのBitcoin取引所Zebpayは月に20万人ユーザーが増加していて、2017年末までに50万人は増えるだろうとの事。

インドは中国に匹敵する世界第2位の人口を抱えており2030年には中国を超すかもしれないと言われています。中国のGDPが28に対して、インドは21。富裕層でお金持っている人は持っている。という感じですか。

インドのビットコイン市場がさらに発展すれば、以前の中国ほどではないにしてもかなりの割合を占めていくかもしれません。

まあずいぶん先の話になるでしょうけどね。


ビットバンクトレード
サイトリニューアル告知!
だいぶ更新をサボ・・・ゴホッゴホッ。なかなか時間が取れてませんでしたから、一部情報が古かったりしています。
2019年1月に、一旦装い新たにバージョンアップしようと思ってます。
まあ、思ってるだけなんですけど。期待せずにお待ちください(笑)

イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!





Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする