世界中でICOが規制される中、金融庁が注意喚起。日本人のICOは「自己責任(笑)」 | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

世界中でICOが規制される中、金融庁が注意喚起。日本人のICOは「自己責任(笑)」

金融庁、ICOについて注意喚起

日本の金融庁は世界的に流行しているICOに対する注意喚起を先週金曜日に行いました。

金融庁は、ICOの定義を企業などが電子的に証票となるトークンを発行し、公衆から資金を調達する行為の総称とする。トークンセールとも呼ぶとしている。

そのうえでICOのトークン購入を考える人向けの注意として、まず価格が急落したり、突然無価値になったりする恐れがあるとあらためて指摘した。

リスクを十分に理解し、トークンを購入した場合はICOプロジェクトの内容を理解した上で、あなた自身の責任で取引を行うべきです。また、ICOの不審な勧誘に注意を払う必要があります。

情報ソース>>金融庁がICOに注意呼びかけ

情報ソース>>日本の金融当局は、初期コイン・オファーのスタンスを明確にする

日経新聞>>仮想通貨技術で資金調達、ICOリスク注意喚起 金融庁

詐欺的な資金集めが行われているとしてICOは世界中で規制の方向に進んでいます。しかし日本はICOに対する規制や法律はないわけで・・・

ICOはトークンと呼ばれる、いわゆる株式のようなものを発行して資金集める行為で、イーサリアム通貨を利用して数か月前まで大流行していました。

しかしその中身はほとんど無いも同然のものがほとんどで、実際全体の9割以上は詐欺だったと言われています。

中国は早々にICOを全面的に禁止し、韓国でも規制の方向で動いています。

ところがどっこい、日本ではICOに対する規制について手を付けられておらず、

一応金融庁がICOに対する注意喚起という事で発表を行ったわけです。

その内容は・・・

「ICOは自己責任で」

え・・・

う、うん、わかったww

相変わらず自由な国だな日本・・・

先日中国の取引所が日本国内でのライセンスを取得しようとしている。という話がありましたが、実態はICOを日本で行うつもりだそうです。

中国を中心として数百に及ぶ企業から、日本向けにICOを行いたいと中国取引所は要請を受けていると言われており、今後日本国内で認可を受けた中国取引所はトークン販売を中心に攻めてくると思われます。

まあ、前述した通りICOは9割以上が詐欺。(99%と言ってる人もいます)

多くの企業は日本人からお金をむしり取る気満タンなわけですか、そうですかww

中国企業が運営する取引所が国内で出現しても、「触らぬ神に祟りなし」の精神で、

見なかったことにするのが一番いいかとは思います(笑)


ビットバンクトレード
サイトリニューアル告知!
だいぶ更新をサボ・・・ゴホッゴホッ。なかなか時間が取れてませんでしたから、一部情報が古かったりしています。
2019年1月に、一旦装い新たにバージョンアップしようと思ってます。
まあ、思ってるだけなんですけど。期待せずにお待ちください(笑)

イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!





Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする