Amazon子会社、仮想通貨受け入れ準備の予兆か?【サブサイトより転載】 | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

Amazon子会社、仮想通貨受け入れ準備の予兆か?【サブサイトより転載】

この記事はDDOS攻撃を受けていた時に書いた、サブサイト
http://ビットコイン仮想通貨投資情報局.xyz に掲載した記事です。
古い内容のものもありますのであらかじめご了承下さい。

Amazon子会社、仮想通貨に関連した3つのドメインを取得

ドメイン業界のニュースWebサイトDomainNameWireによると、Amazonが最近3つのドメインを新たに取得した事が明らかとなりました。

それにより、Amazonはイーサリアムの受け入れを検討していることが判明しました。

ああああオンライン記録によると、しばしば「ビットコインの支払いの白鯨」と呼ばれる電子商取引の巨大アマゾンは、「amazoncryptocurrency.com」、「amazoncryptocurrencies.com」、および「amazonethereum.com」という3つの暗号化関連ドメイン名を最近登録した。この動きは、ドメイン業界のニュースWebサイトDomainNameWireによって初めて報告されました。

Whoisのレコードは、ドメインをAmazon.comの子会社にリンク

情報ソース>>Amazonの子会社がEthereum、Cryptocurrencyドメインを登録

Amazonはビットコインやライトコインの支払受け入れを開始すると噂されていましたが、イーサリアムが検討のうちに含まれているようです。

果たしてAmazonはいつ、どのようにして暗号通貨を受け入れるようになるのか。世界最大の販路を持つ通販サイトが受け入れるとなると世界中で大きなニュースとなるのは確実。

取り扱いが可能な通貨はその影響を受けるのは確実と言われています。

今のところ3つのドメインは取得されただけで、中身のない状態ではありますがAmazonの子会社が動き出したのは事実。

さてさて、どうなる事やら・・・


ビットバンクトレード
サイトリニューアル告知!
だいぶ更新をサボ・・・ゴホッゴホッ。なかなか時間が取れてませんでしたから、一部情報が古かったりしています。
2019年1月に、一旦装い新たにバージョンアップしようと思ってます。
まあ、思ってるだけなんですけど。期待せずにお待ちください(笑)

イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!





Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする