日本人によるビットコイン投資が暴走中。ついに価格は10,000ドル突破へ | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

日本人によるビットコイン投資が暴走中。ついに価格は10,000ドル突破へ

ビットコイン日本人投資が暴走し、10,000ドルへ

ビットコインの価格がいまだに暴走を続けています。

ビットコイン価格はついに112万円に到達しました。
現在1ドル111円なので10000ドルを達成した事になります。(日本は値段が高い事がありますが、もう超えたことにしていいでしょ・・・)

本来年内に10000ドルを突破すると言われていたのですが、12月にならないうちに海外予測を突破してしまいましたww

本当は先物取引が開始されるタイミングである、12月中旬付近で突破だろうと言われていましたが・・・w

これがいい事なのか悪い事なのかは正直分かりません。ちょっとペース早すぎww

ここ1か月で日本人の投資がさらに熱を帯びており、短期投資によってイーサリアムクラシックやモナコインなども異常な価格変動を見せています。

なんだか5月に戻った気分ですね。カンファレスを思い出します。

ちなみにビットコインの取引割合は、

11月27日現在、60%程度が日本円。韓国は10%を占めており、

この2か国だけで70%・・・。

ううん、ちょっと割合的に良くない状況ですね。どう見ても日本人の投資ww

ホルダーの僕としてはそのまま伸びてほしいところですが、ここらで一旦下落する可能性もあるとは思います。

まあ、先物取引開始が近づいていますので、結局今の価格以上にはなるんでしょうけどね・・・。分裂コイン狙いも多いでしょうし・・・。
すでに世界中の銀行の有名な人たちは、揮発性の高いビットコインに対する警戒を投資家たちに促しています。ですが、ビットコインに興味を示す人は増える一方です。

まあこれだけ値上がりすればそりゃそうか・・・

特に「buy bitcoin」で検索が多い国でいうと、ガーナ、オーストラリア、シンガポール、南アフリカ、ニュージーランドなどなどが挙げられるそうです。

中でもビットコイン熱が熱くなっているのは、オーストラリア。

オーストラリアではビットコインを取り入れる企業が拡大。売買できるATMも大量導入されていますので、かなりの割合で周知と実用が進んでいると言われています。

オーストラリアは日本、韓国に次ぐ第3のビットコイン大国になる可能性が高い国ですね。

ついでに言うと、ジンバブエではついに価格は17000ドルを突破したそうです。

参考ソース>>ジンバブエはBitcoinを17,875ドルに押し上げる

隣接する南アフリカでも検索されているところを見ると、ジンバブエの国民が出稼ぎついでにビットコイン買っているんじゃないか?と思われます。国境から南アフリカの首都ヨハネスブルグまでは東京-大阪間ぐらいの距離みたいですしね。

あとはシンガポールやオーストラリアから2700km離れたニュージーランドでも検索多いんですね。
アメリカに加え、カナダ、ガーナ、インド、ロシア、イギリスや中東などでも「buy bitcoin」と検索されているようです。(日本や韓国は英語圏ではないですから、この図には入りません)

かつてのイギリス植民地あたりでビットコイン人気が広がっているんでしょうかね。

イギリス連邦

ビットコインに対して、世界中が興味を示してはいるようです。

さあ、12月にアメリカで先物取引開始ですが、どんな事が起きるかな?
ちょっと楽しみにしていますw

参考ソース>>日本と韓国の後に – これらの国々はBitcoin Mania



※2/1今から買うなら?おすすめの仮想通貨※
ビットコイン、イーサリアム、EOS、LISKあたりかな
※このサイト運営者は病的なBCHとETHホルダーです。
長期で考えるならBCHは悪くないと思いますが、ビットコインと同じようにしか動きませんし、短期的には期待しないほうがいいです。
ちなみに、もっとも安定する投資先は今はイーサリアムです。貯金感覚なら最適

まあ参考ぐらいにしておいてください。


※現在予想されている事※
コインチェックがどうなるか分かりませんが、2018年は全体的に低調な滑り出しです。
去年のような爆上げ要素が今のところないため、ホールドするのが正しいこととは言いません。それぞれの状況に合わせて現金化なども行いましょう。


【ビットコイン】ビットコインの遅さと手数料の高さがネックだが、利用個所は増えている。通貨ではなく金と同じものとして考えた方が良い。

【ビットコインCash】好材料は多いが、最近はビットコインと同じ動きしかしていない。買うなら長期保有の覚悟が必要。

【イーサリアム】最も安定した貯金感覚の投資先。大好きだよ

【Litecoin】Lightning Networkの導入はいつ?ビットコインのサブ的な位置づけですし、ビットコイン次第です

【リップル】世界的に銀行間での送金の役割として重要視されています。2018年には2ドルになると海外情報筋は考えているが、普通に3ドル超えてったね。その後大きく下落。巻き返しなるか?


※人によって諸説あります。あくまで参考程度に


イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!


ライトコイン、イーサクラシックを高く売るなら
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

リップルを安く買う、高く売るなら
ビットトレード



Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨
ビットフライヤー【6種類以上扱う有名な仮想通貨取引所】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットフライヤー:情報
運営会社   :株式会社bitFlyer
取扱通貨   :ビットコイン、Ethereum、イーサクラシック、ライトコイン、ビットコインCash、モナコイン
入金方法 :銀行入金・インターネットバンキング、コンビニ
取引方法 :BTC、ETHのみ個人取引可能、その他は販売所取引
ビットトレード【全銘柄差し値注文が可能な仮想通貨交換所】
ビットトレード
ビットトレード:情報
運営会社   :ビットトレード株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、リップル、ライトコイン、モナコイン、Ethereum、ビットコインCash
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする