年明けまでにやっておきたい投資戦略についてバラしてみる | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

年明けまでにやっておきたい投資戦略についてバラしてみる


お読みいただく前にお知らせいたしますが、この予測はあくまで仮想通貨の素人が考えている個人的な予測です。

実際には大きく異なる結果になる可能性が高いですので、あくまで参考程度にされてください。また、今後の状況によっては言う事が変わる事があります。
あくまで2017年12月5日現在の予測なので、最新情報についてはサイトの方でご確認ください。

※価格面だけ12月31日に見直しました。
文章はほとんど直していませんので、チグハグな点が出てると思います。

各仮想通貨の今後について

さて、久しぶりに投資戦略の話でもしましょうかね。
世の中からいろいろ言われる仮想通貨事情ですが、今後の個人的な予測をバラしちゃいます。

まあ当たるも外れもあるって事ですので、鵜呑みにしないようにね!

あと、予測価格については情報+感情+個人的な勘から算出していますので、ツッコミはなしでw

「アッハイ」な方はそのままご覧ください。

Bitcoin

何気に高値を更新し続けているビットコインですが、今年はCMEとCBOEの2つの先物取引所からビットコイン先物が開始されます。
来年にはナスダックも絡んできますし、これによって来週からは米国中心の値上がりが期待されます。

この影響で今年末には150~180万まで上昇すると思われます。

去年は年末15万まで上昇し、年明け早々10万まで落ち込んだことがありますが、ビットリージョン不信と分裂騒動が影響していたからだと思われます。今年は去年みたいにならないんじゃないかな?と思ってますが、念のため年明け早々一度下がる可能性も考慮しておいてください。(こんな事言うと、下がると思って売る人が出るのであんまり言いたくないですが、年始の下落理由の正確な所は不明だったので・・・)

まあ年末までは上昇傾向なのは間違いないので、今から備えておくといいでしょうね。

2018年末の予想価格は360~400万円。ちなみに海外予測は40,000ドル(440万)。

まあ、毎回僕の予測も海外の予測も飛び超えて、高騰しているんですがね・・・。
将来的な事を言うと、2020年の東京オリンピックに向けて、日本はビットコインの受け入れ態勢を強めている節があり、同年半減期を迎える予定です。なので、最大の値上がりを示すのは2020年と予測しています。長期的な投資として考えている方は、そのぐらいまでは引っ張るつもりでいるといいでしょうね。

BitcoinCash

「我こそが真のビットコイン!」みたいな名乗りを上げているビットコインCash。

半年でこちらを「ビットコイン」にする!とコミュニティは息巻いていますが、致命的に採用率が低い。

すでに韓国、アメリカ、オーストラリアでは現在のビットコインに対応するATMが多数導入されています。加えて日本での決済も現在のビットコインが主流。ビットコインという名前だけを知ってる人に「ビットコインCashって知ってる?」と聞いても、絶対知りません。決済市場の切り替えは大きな混乱を招く可能性がありますので、主流にはなれないと思います。やはり知名度、採用率の低さは今のところ致命的です。

僕はビットコインCashとして応援し保有していますが、だからと言ってこれがビットコインに代わるとは思っていません。

ビットコインとシーソーゲームしながら気が付けば共に成長していくでしょうが、今のビットコインを超えることはないと思っています。

2018年末の予想価格は100~150万円。
価格上昇率は意外と高いと思っていますので、投資としてはアリでしょうね。

イーサリアム

ビットコインに対して、安定成長を続ける可能性が高いのがイーサリアム。

ビットコイン下落時にイーサリアムも下落するという悲しい運命を背負っていますが、現在の価格、成長の期待はド安定の一言です。

投資としては固い部類に入ると思いますし、貯金感覚で集めるならイーサリアムです。

10月からメトロポリスのハードフォークが発生していましたが、あと1回、イーサリアムは大きなハードフォーク、セレニティ(日付未定ですが)を控えています。
「砂で城を作るようなもの」と言われるほど緻密で複雑なシステムため、開発は難航するものの将来的な期待は大きいです。
2018年末の予想価格は20~25万円。現在の時価総額から考えて、今の3倍ぐらいまでは普通に成長可能だと思います。海外でも同じような予測数値です。

イーサリアムクラシック

イーサリアムから分裂した一派ですが、12月12日にハードフォーク&半減期を迎えるとされています。
価格が上昇しやすいので人気ですが、壊れるのも早いのが特徴。企業の採用率も非常に低いため、今後もマネーゲームの影響を受けやすいでしょう。

2018年末の予想価格は8000円。一時的にでも1万円を超えることができれば、1万2000円程度まで伸びる可能性はありますが、このあたりがいいところでしょう。
揮発性が高いため、個人的にはあまりおすすめはしません。今のところは完全に投機コインです。

このあと後述しますが、同時期にはモナコインに抜かれている可能性もあります。

リップル

2017年の春先から、あれだけ期待されたXRPですが、当時の情報とは裏腹に9月10月になっても世界各地の銀行間のやりとりは開始されず。

2018年はリップルの年!2018年には2ドルまで上がる!とされていますが、日本の投資家の心情は冷えており、5月に最大の価格50円を突破したあとは、現在の価格にいまだに甘んじています。

大きな情報が上がってくれば一気に2~3倍まで上がる可能性はありますが、時価総額から言っても10倍といった上昇は難しいと判断しています。

2018年末の予想価格は400円。海外予測では2ドル予測となっていましたが、2017年12月に突破されました。

リップルへの期待を口にする人は多いですが(僕も期待して持ってますが)、情報が入ってから動いても遅くはないと思います。当面はスルーしても構わないかと。

※リップルはすでに過激な投資が動き出しています。

ライトコイン

ビットコインと共にある。と言っても過言ではないのがライトコイン。

まあもともとビットコインをコピーしたような物と称されていましたし、今後もその地位を貫くのでしょう。

ライトコインはライトニングネットワーク導入が予定されており(たぶん来年でしょうか?かなり遅れる可能性も高いです)、ビットコイン-ライトコインがスワップ通貨になると言われています。

ビットコイン払いしか受け入れていないところでも、スワップ通貨になるライトコインは受け入れ可能になる可能性が高く、これは支払い時にかなり有利に働きます。

ライトニングネットワークが動き出す情報が入ったら、買い集める事をおすすめします。

中国人や韓国人が結構持っているはずなのでそこは不安ですが、来年期待できるコインのひとつではあるでしょう。
2018年末の予想価格は50,000円。これも成長率は高いと思われます。

モナコイン

個人的に、もっとも”値上がりを”期待しているコインと言ってもいいかもしれません。

モナコインはいまだに用途の幅が狭いのですが、これまでほとんど日本人しか購入していない為、世界の仮想通貨情勢の影響を最も受けにくいとされています。
また、時価総額も他の通貨と比べると低いため、投資が集まれば価格が跳ね上がるのは相変わらずです。

現在の時価総額は6.2億ドル。将来的な展望は違いますが、同じように日本人に買われているネムが26億ドル、イーサリアムクラシックが29億ドル集めている事を考えると(クラシックはどちらかというと韓国人が買ってますが)、半年以内に時価総額は20億ドル台にあがり、価値は現在(1100円)の4倍まで上がる可能性は十分にあります。

日本人が本腰入れたら、4000~5000円はすぐに行きます。

成長するたびに期待が上がるため、マネーゲームになりながらも、海外の影響を受けにくく大きくは下がらない。かなり特殊なコインだと言えます。

2018年末の予想価格は6000円。これは個人的な期待値がかなり混じっています。

これもまた来年には10000円を超える成長を見せる可能性があり、勝負したいならモナコインを買うのは面白いと思います。ネタ的にも。

今年半減期があったりでかなり上昇するイベントがありましたが、まだまだ買い続けてもいいとは思います。

日本人は貯金大好きですから、モナコインで増えていく資産を見ながら多くの人は幸せな気持ちになるでしょう。そしてそれをいつまでも取り出さないんでしょうね(笑)

日本人が参加する「タンス預金」みたいな感じで今後も資金が集まると思いますw
まさに貯金大好きな日本人向けのコインと言えるでしょう。

ただ、投機コインになりますので、乱高下は覚悟しておいた方がいいです。

2018年1月4日追記

状況が変わりました。

Binanceの登場で投資家たちの投資の選択肢が一気に広がったため、モナコインに対する投資熱は急激に低下しています。

どうせ買うなら春先に出ると言われているオタクコインを買った方がいいと思います(まだ発行自体は決定していません)

アニメやゲーム関係で使えるようにしたいというコインですね。
出たら最低でも30万分は買おうと思っているコインです。

IOTA

最近不気味にうごめいているのがIOTA、すでに時価総額でリップルを射程圏内に捉えており、明日にも追い抜くぐらいの勢いで成長を続けています。
現在価格は3.45ドル。国内市場ではほとんど売買されていない為、まだまだ日本人参戦は少ないですが、それでいてこの話題性の高さと成長率。

送金手数料が完全無料という、ビットコインのような送金手数料問題とは無縁です。

すみませんが、あまりこれについて詳しくは知らないので来年末の予測は全く不明ですが、近い将来今の2~3倍ぐらいまでは価値が上がる可能性は高いと思われます。

リスク

相変わらずマネーゲームが続いています。

こちらはビットフライヤーに上場するという噂が出ていますが、今のところ公式発表もなく、情報リークした外人さんもいましたが、証拠画像もなく・・・。

ちなみに、モナコインがビットフライヤーに上場した時のように上がるかどうかは不明です。
どっちかというとライトコイン上場時ぐらいの影響レベルじゃないか?とは思いますよ。

価格は現在2200円程度ですが、2018年末には5000円ぐらいにはなってるんじゃないかな?(かなり適当)

それにしても相変わらず、名前の響きが悪いねリスクw
risk(危険)とは字が違うんですけどね・・・w

ビットコインGold

・・・

見なかったことにしてもいいと思います。

ビットフライヤーは12月1日、相変わらず「検討中」と発表していました。
存在価値が意味不明ですが、国内で取引が開始されるとマネーゲームに巻き込まれます。
安定には程遠い通貨となりますが、投機コインとして見てもいいかもしれません。

深追いせず、価格が上がったタイミングで売り払うのが吉だと思います。

ここまで書くのに結構時間がかかったので、あとは適当に追記していきます。

また、考えながら書いていますので、12月いっぱいは加筆修正します。

価格なども、「やっぱこれ無理じゃないか?」とか、「いやもうちょっと伸びるんじゃないか?」とか考えたり、期間中に情報が入った場合は修正が加えられますので、あらかじめご了承ください。

ご意見、情報などあれば参考にさせていただきますので、どしどしコメント下さい。



※2/1今から買うなら?おすすめの仮想通貨※
ビットコイン、イーサリアム、EOS、LISKあたりかな
※このサイト運営者は病的なBCHとETHホルダーです。
長期で考えるならBCHは悪くないと思いますが、ビットコインと同じようにしか動きませんし、短期的には期待しないほうがいいです。
ちなみに、もっとも安定する投資先は今はイーサリアムです。貯金感覚なら最適

まあ参考ぐらいにしておいてください。


※現在予想されている事※
コインチェックがどうなるか分かりませんが、2018年は全体的に低調な滑り出しです。
去年のような爆上げ要素が今のところないため、ホールドするのが正しいこととは言いません。それぞれの状況に合わせて現金化なども行いましょう。


【ビットコイン】ビットコインの遅さと手数料の高さがネックだが、利用個所は増えている。通貨ではなく金と同じものとして考えた方が良い。

【ビットコインCash】好材料は多いが、最近はビットコインと同じ動きしかしていない。買うなら長期保有の覚悟が必要。

【イーサリアム】最も安定した貯金感覚の投資先。大好きだよ

【Litecoin】Lightning Networkの導入はいつ?ビットコインのサブ的な位置づけですし、ビットコイン次第です

【リップル】世界的に銀行間での送金の役割として重要視されています。2018年には2ドルになると海外情報筋は考えているが、普通に3ドル超えてったね。その後大きく下落。巻き返しなるか?


※人によって諸説あります。あくまで参考程度に


イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!


ライトコイン、イーサクラシックを高く売るなら
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

リップルを安く買う、高く売るなら
ビットトレード



Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨
ビットフライヤー【6種類以上扱う有名な仮想通貨取引所】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットフライヤー:情報
運営会社   :株式会社bitFlyer
取扱通貨   :ビットコイン、Ethereum、イーサクラシック、ライトコイン、ビットコインCash、モナコイン
入金方法 :銀行入金・インターネットバンキング、コンビニ
取引方法 :BTC、ETHのみ個人取引可能、その他は販売所取引
ビットトレード【全銘柄差し値注文が可能な仮想通貨交換所】
ビットトレード
ビットトレード:情報
運営会社   :ビットトレード株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、リップル、ライトコイン、モナコイン、Ethereum、ビットコインCash
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. むぎこ より:

    更新有難うございます。
    素敵予想で嬉しいです!w
    来年の事を思うと、大体の通貨は今買っておいてもいいのでは…って事になりますねー。

    そういえば、今日ヤフーのトップに「ビットコイン盗まれる!」記事が載っていましたが、ヤフコメの殆どは「ビットコインなんて怪しい」「ほれ見たことか」「いつか暴落する」って内容でした…なんか悲しい(-∀-;)