韓国大手銀行であるウリィ銀行・新韓銀行がリップル技術を試す | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

韓国大手銀行であるウリィ銀行・新韓銀行がリップル技術を試す

リップル技術は韓国銀行に影響を与える?

リップルは世界各地の銀行を中心に広がりを見せています。

まあ、今さらな情報のような気もしますが。

そんな中、韓国銀行が日本銀行コンソーシアムと協力し、国境を越えた決済方法であるリップルの技術をテストする事が明らかとなりました。

リップルネットを使って日本から韓国へ送金をテストする初めての試みとなります。

ま、今まで失敗した話は聞いたことがないんで、普通に成功するだろう。とか思っています。

リップルはすでにリップルネットワークに参加する日本国内銀行での利用準備が整っているとされており、2018年には動き出すんじゃないか?と囁かれています。

本当は2017年9月ぐらいの予定だったはずなんですがね。

おさらいではありますが、リップルの技術は国際的な送金を超短時間で、安い手数料で行う事ができる、銀行にとっては喉から手が出るほど欲しいものです。

次の2つの画像は半年以上前のものですが、分かりやすいと思いますので再掲載しておきます。

まずはリップルのネットワークはこんな感じ。

かなりの有名どころの会社が加わっているのが分かると思います。

あとはXRPを使うかどうか。ですね

利用メリットはこんな感じです。

リップルの技術だけ使うと33%のコストダウン、XRPを使うと60%のコストダウンが可能になっており、XRPの利用が急拡大することに期待されています。

XRPの利用はもしかしたら国によって異なってくるかもしれません。

で、先日出された比較表ですね。

スピード、取引コスト、規模の大きさ、どれをとっても今のところRippleが最強です。

(ちなみに話がずれますが、ビットコインとライトコインが導入する予定のライトニングネットワークはRippleネットワークによく似た物だったりします)

ここまでリップルはすさまじい技術を持った物なんですが

全然価格が上がらなかったんですよ。

これまで。

ええ。

今回の値上がりがどこまで続くのか、続いてくれるのか。いまいち分からないところがあります。

今は通貨の方は少し落ち着いていますが、リップルをメインで使うSBIホールディングスの株価が暴走していっている状況です。

>>SBIが大幅に4日続伸し新高値、仮想通貨関連事業での展開に期待


ビットバンクトレード
サイトリニューアル告知!
だいぶ更新をサボ・・・ゴホッゴホッ。なかなか時間が取れてませんでしたから、一部情報が古かったりしています。
2019年1月に、一旦装い新たにバージョンアップしようと思ってます。
まあ、思ってるだけなんですけど。期待せずにお待ちください(笑)

イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!





Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする