広がるアルトコインの戦場。2018年日本の投資家は海外取引所を積極的に利用 | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

広がるアルトコインの戦場。2018年日本の投資家は海外取引所を積極的に利用

投資戦争はまだ終わらない。その弾丸は投資か投機か?

ビットコインは去年の16倍、イーサリアムは109倍、ライトコインは77倍、リップルは1000倍ぐらい?に上がり、

2017年は終わってみれば主要銘柄がとんでもなく高騰した1年だったと言えるでしょう。

しかし、有名どころの主要銘柄が一通り値上がりを見せたことで、2018年は100倍200倍という数字はこれらのコインには当てはまらないと思われます。

さすがにビットコインやイーサリアムが100倍にはならないでしょう。

せいぜい5~10倍がいいところです。

となるとどうなるか?

そう、一攫千金を求める人たちは今、

海外でしか扱われていない仮想通貨にキャメロン・ディアス(首ったけ)です。

下手すると1000倍近い値上がりをするコインも、今の安いコインの中から生まれてもおかしくはありません。

2018年中に億り人を目指す人たちは、
すでにこういったコインに手を出し始めています。

まあ、当たり外れが激しいというリスクはありますが、

例えば10種類のコインに1万円ずつ投資しても、そのうち1つでも50倍ぐらいになれば大きな利益になります。

僕はリスクヘッジの為に結構そういう買い方を推奨してますね。

一点集中ではなく、人気どころをザラッと買い集める感じです。

まあこういうのは完全に投機になりますけど・・・

参考までにここ2日間の値上がり状況

※昨日の価格上昇例

・本日の価格上昇例

ちなみに

現在、特に注目を集めているのは次のような銘柄

  • REQ (イーサリアムベースのペイメントネットワーク:リクエストネットワーク)
  • TRX (世界的な無料のコンテンツエンターテイメントシステムの構築を目指す仮想通貨:トロン)
  • VGX (Zcashやモネロなどと同じ匿名系仮想通貨:ヴァージ)
  • ADA (暗号通貨を主軸にしたゲームプラットフォーム:カルダノまたはエイダ)
  • WABI (偽造品の流通を防止するための蛙通貨:ワビ)
  • OMG (迅速、低価格な決済を実現する決済プラットフォーム:オミセゴー)
  • XLM (リップルを元にした個人向け決済通貨:ステラ)
  • IOTA (既存のブロックチェーンとは違う方法で分散型、非中央集権型を目指す仮想通貨:アイオータ)

今話題に上がっているのはこの変でしょうかね?

取引所のチャットでも、結構名前見かけるようになったと思いません?
今年はこの辺の情報も漁ってみるとしましょうかね・・・。

情報が分からなくても、24時間の売買量を見るとどの通貨が動いているかが分かると思います。

流動性が高い通貨はその時の高値は一時的なものかもしれませんが、一度下落した後高確率で再び動きます。

なので、取引量が多いコインは特に注意してみておくといいでしょうね。

去年の夏ごろ、口座開設と取引が容易な海外取引所、Binanceが登場した事もあり、
最近は海外取引所を利用して日本で扱われていないアルトコインを購入する人が急増していってます。

>>Binanceの登録はこちら

爆益を求める投資家たちの熱視線は、ビットコインが停滞していても、爆発的に上がる可能性のある通貨に集中しています。

※半年ぐらい前まではpoloniexやbittrexを利用している人の割合が多かったんですが、poloniexはこれまで何度かハッキングによって停止したり、送金が遅延したりと問題が起きやすくなってきました。ユーザーが増えすぎて処理できない様子。

また、bittrexはここ数か月で多くのユーザーのアカウントを予告なく停止させたりと、いろいろ問題が目立っています。

Binanceでは、日本人がほしがりそうな銘柄のコインが多数揃えてあり、かなり処理もスムーズです。

また、この取引所で扱われているコインは、情報によるマネーゲームが日常的に行われています。

「次はこれが上がるぞ!」

というコインは、だいたいここで扱われていますね(笑)

まあ今年は、

海外取引所で扱われるアルトコインという名の戦場に、足を踏み入れるかどうか、検討しておいた方がよさそうですね。

まあやるとしても、今の保有コインをベースにして、しっかり利益を押さえながらやった方が賢明ではありますが。

僕の周りもどんどんそういったコインの投資を開始している話を聞きます。。。

うーん。投資というより投機戦争だなこりゃ。

まあ、すぐに動けるように、登録だけは終わらせておいた方がよさそうですね。


ビットバンクトレード
※4/16今から買うなら?おすすめの仮想通貨※
今は仮想通貨市場の復旧時期です。G20も終わり、コインチェック騒動もマネックスによる買収で終わり、
マイナス要素が出揃い終わった事で市場はようやく健全な状態に戻ろうとしています。
ただし、情報一つで次にどう転ぶかは分かりませんから、無理せず必要な金額は現金化し取り出し余剰資金でやる方が賢明です。

これから買うなら、ビットコイン、イーサリアムですかね。
※このサイト運営者は病的なBCHとETHホルダーです。
まあ参考ぐらいにしておいてください。


※現在予想されている事※
【ビットコイン】ライトニングネットワークがすでにベータに突入。本格的に導入が始まると、急激に投機熱が戻ってくる可能性がありますが、投機はやめておいた方がいいと思うよ?

【ビットコインCash】好材料は多いが、ビットコインよりワンテンポずれた動きしかしない。買うならビットコインが急激に上がった時。

【イーサリアム】新技術Plasma Cashが開発中。ハッキングに強くなるもので、完成するとOmiseGOにも導入されます。

【Litecoin】ダークウェブで大人気(笑)ライトニングネットワークが入るとさらに強くなりそう

【リップル】世界的に銀行間での送金の役割として重要視されています。


※人によって諸説あります。あくまで参考程度に


ライトコイン、イーサクラシックを高く売るなら
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

リップルを安く買う、高く売るなら
ビットトレード
イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!





Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
ビットフライヤー【6種類以上扱う有名な仮想通貨取引所】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットフライヤー:情報
運営会社   :株式会社bitFlyer
取扱通貨   :ビットコイン、Ethereum、イーサクラシック、ライトコイン、ビットコインCash、モナコイン
入金方法 :銀行入金・インターネットバンキング、コンビニ
取引方法 :BTC、ETHのみ個人取引可能、その他は販売所取引
ビットトレード【全銘柄差し値注文が可能な仮想通貨交換所】
ビットトレード
ビットトレード:情報
運営会社   :ビットトレード株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、リップル、ライトコイン、モナコイン、Ethereum、ビットコインCash
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする