ブラジル政府、選挙にイーサリアムネットを使った法整備を行う計画 | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

ブラジル政府、選挙にイーサリアムネットを使った法整備を行う計画

ブラジル政府、イーサリアムネットワークで選挙を進化させる

ブラジル政府の発表によると、国の選挙制度にイーサリアムネットワークを利用して、投票の在り方を変えようという試みが計画されているようです。

ブラジル政府は、不変のブロックチェーンネットワークに対する数億の票を処理するために、イーサリアムネットワーク上で、国の非効率的な選挙制度である一般請願を動かそうとしている。

「これは、1%の有権者の署名を安全に収集できるプラットフォームがないためです。私たちは法律の正当性について危機を経験してきました。人気のイニシアチブは存在しますが、人々が署名を提案できるように人々の署名を収集する安全な方法はありません」

情報ソース>>ブラジル政府は、嘆願を処理し、イーサリアム法を制定する計画

ブラジルの選挙制度では、18~70歳の国民が投票するのは義務となっており、正当な理由なく棄権した場合は罰金(約1100円)が科されます。

1億9000万人以上を有するブラジルでは、選挙によって国民全員の大移動が発生するため非常に非効率的だと言われています。

そこで白羽の矢が立ったのが、署名が可能なブロックチェーン、イーサリアムネットワークだったわけです。

ブラジル政府はハリケーンと呼ばれるシステムを使用して、1日の投票をすべて1つのトランザクションにまとめ、主要なEthereum Blockchainネットワークの不特定多数に同じ情報を同時に送り、健全性を保つ計画のようです。

ブラジルの選挙の在り方が、イーサリアムによって変わろうとしているわけですね。

この話はイーサリアムの通貨価格に直接影響する話ではありませんが、イーサリアムネットワークの技術が世界を変えていくのは間違いないでしょうね。


ビットバンクトレード
サイトリニューアル告知!
だいぶ更新をサボ・・・ゴホッゴホッ。なかなか時間が取れてませんでしたから、一部情報が古かったりしています。
2019年1月に、一旦装い新たにバージョンアップしようと思ってます。
まあ、思ってるだけなんですけど。期待せずにお待ちください(笑)

イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!





Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする