国際送金事業サービスMoneyGramがリップルとの提携を発表 | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

国際送金事業サービスMoneyGramがリップルとの提携を発表

巨大な国際送金事業、MoneyGramがリップルと提携

大暴落から一転して、一気に復活。

リップルがMoneyGramと提携した事が11日発表されました。

木曜日、ダッラに拠点を置く巨額のMoneyGramとの提携を発表した。

近年価値が高まっているXRP(Rippleのデジタル通貨)の使用を伴い、その実用性についての疑問にも直面しているため、この動きは重要です。

この提携により、MoneyGramは、金融機関に流動性を提供するために設計されたxRapidと呼ばれる新しいリップルサービスを通じてXRPの使用をパイロットすることになります。ニュースを発表するリリースでは、企業はXRPのスピードと効率を宣伝しました。

XRPは、取引当たり約30ドルのBitcoin料金と比較して、わずか1分の1の取引手数料で最も効率的なデジタル資産のままです。同様に、XRPの平均トランザクション時間は2〜3秒で、その他のトップデジタル資産は15分〜1時間です。

声明の中で、リップルCEOのブラッド・ガーリングハウスは、MoneyGramの提携を戦略的なものとして説明し、友人と家族の間の送金のコストを削減するXRPの能力を証明すると発表した。

情報ソース>>RippleとMoneyGramテストXRP通貨転送

あ、XRP使ってくれるってよ。

MoneyGramはアメリカに本拠を置く、国際送金ネットワークのサービスを提供している会社で、全世界200か国、地域で23万拠点の巨大なネットワークを持つ会社で、SBIホールディングスの子会社であるSBIレミット株式会社とも提携関係を結んでいます。

XRPの手数料は、使えば使った分は消えていくという特性を持っていますので、巨大ネットワークで消費が進むと、世の中にあるXRP量は減少していきます。

XRPの真の価値が発揮されるのは、実は数十年後だったりするんですよね。

これまでリップルと提携している銀行は、リップルネットワークを使う事は発表していましたが、XRPを使うかどうかは言明を避けてきました。

一応、使った方がコストは断然安い。とは言ってきましたけどね。

それが今回の発表で、XRPを使う事を明言しましたので、XRPの利用価値が保証されたことになります。

twwiterでも発表されました。

これを受けて、XRPは再び上昇に突入。

さあ、これからどうなるのかな?

次なる発表に期待しましょう。


ビットバンクトレード
※4/16今から買うなら?おすすめの仮想通貨※
今は仮想通貨市場の復旧時期です。G20も終わり、コインチェック騒動もマネックスによる買収で終わり、
マイナス要素が出揃い終わった事で市場はようやく健全な状態に戻ろうとしています。
ただし、情報一つで次にどう転ぶかは分かりませんから、無理せず必要な金額は現金化し取り出し余剰資金でやる方が賢明です。

これから買うなら、ビットコイン、イーサリアムですかね。
※このサイト運営者は病的なBCHとETHホルダーです。
まあ参考ぐらいにしておいてください。


※現在予想されている事※
【ビットコイン】ライトニングネットワークがすでにベータに突入。本格的に導入が始まると、急激に投機熱が戻ってくる可能性がありますが、投機はやめておいた方がいいと思うよ?

【ビットコインCash】好材料は多いが、ビットコインよりワンテンポずれた動きしかしない。買うならビットコインが急激に上がった時。

【イーサリアム】新技術Plasma Cashが開発中。ハッキングに強くなるもので、完成するとOmiseGOにも導入されます。

【Litecoin】ダークウェブで大人気(笑)ライトニングネットワークが入るとさらに強くなりそう

【リップル】世界的に銀行間での送金の役割として重要視されています。


※人によって諸説あります。あくまで参考程度に


ライトコイン、イーサクラシックを高く売るなら
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

リップルを安く買う、高く売るなら
ビットトレード
イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!





Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
ビットフライヤー【6種類以上扱う有名な仮想通貨取引所】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットフライヤー:情報
運営会社   :株式会社bitFlyer
取扱通貨   :ビットコイン、Ethereum、イーサクラシック、ライトコイン、ビットコインCash、モナコイン
入金方法 :銀行入金・インターネットバンキング、コンビニ
取引方法 :BTC、ETHのみ個人取引可能、その他は販売所取引
ビットトレード【全銘柄差し値注文が可能な仮想通貨交換所】
ビットトレード
ビットトレード:情報
運営会社   :ビットトレード株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、リップル、ライトコイン、モナコイン、Ethereum、ビットコインCash
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする