米国商品先物取引委員会CFTCはBitfinexとTetherを召喚。その理由は? | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

米国商品先物取引委員会CFTCはBitfinexとTetherを召喚。その理由は?

CTCFがBitfinexとTetherを召喚

そうそう、これはご存知の方も多いと思いますが、昨日のビットコイン下落による全体下げの原因となったのが、

米国商品先物取引委員会CFTCはBitfinexとTetherを召喚騒ぎです。

すみません。ゲーム実況に集中していたので紹介しきれていませんでした。

何でもTetherは顧客に対し、ドルと引き換えにUSDTトークンを発行していたようなのですが、本来投資家が支払ったドルは1:1の比率で確保しておく必要があるものを、勝手にビットコインに投資していた。という疑惑が噴出したらしいです。

おいおい、勝手に金使ったのかい・・・?

まああくまで疑惑であり、事実関係をCFTCは調査しているわけなんですが、

これが事実であれば、Tetherは顧客の不信を買うことになり、契約違反により顧客に対して全てのUSDを返金しないといけなくなります。

なにより、噂が事実であれば、Tetherが保有しているビットコインはCFTCの調査に応じる為、すべて市場でドル換金する必要がある。

という予測が出て、

「ビットコインの価格が落ちるんじゃね?」

「じゃあ売っとこう」

という事で、昨日の下落が起きたわけです。

なんともな事件ですね。

その関係で、事実確認のためにこの2社が呼ばれたわけですね・・・。
Bitfinexからすると、寝耳に水ですねw

これと関係するかどうかは分かりませんが、facebookは仮想通貨に関する詐欺事件を危険視し、本日仮想通貨に関する情報をfacebook上で流すことを禁止しました。米国だけか日本国内もかはちょっとわかりませんが、たぶん世界中で適用されるでしょうね。

最近いい話がないよね!

上げ情報って、ビットフライヤーのLisk取り扱いぐらいじゃないかね?

次なる情報が、現状を好転させるものであることを願うばかりですw


ビットバンクトレード
サイトリニューアル告知!
だいぶ更新をサボ・・・ゴホッゴホッ。なかなか時間が取れてませんでしたから、一部情報が古かったりしています。
2019年1月に、一旦装い新たにバージョンアップしようと思ってます。
まあ、思ってるだけなんですけど。期待せずにお待ちください(笑)

イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!





Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする