危険なギャンブル?大金を得るチャンス?ベネズエラ発行の仮想通貨Petro(ペトロ)が販売開始 | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

危険なギャンブル?大金を得るチャンス?ベネズエラ発行の仮想通貨Petro(ペトロ)が販売開始

世界で最も危険なギャンブル?ペトロが事前販売を開始

ベネズエラ政府の主導で作られる仮想通貨Petroの販売が、前倒しして2月20日から開始されたようです。

初日である20日に、合計で7億3500万ドルの資金を集め、多くの批判とは裏腹に巨額の資金がベネズエラのもとに流れ込んでいるそうです。

ベネズエラは独裁政治が世界中から批判されており、長い間制裁を受けている国家で、外貨獲得手段を持たない状況が続いていました。

この通貨は事前の予測では「間違いなく失敗する」と言われていましたし、今でも多くの人が

「こりゃあかんやつや」

「北朝鮮に投資するようなもの」

「ベネズエラ政府による詐欺」

などと、言われていますが、反米感情を持った投資家たちを中心にペトロ購入は意外なほど上手くいっているように見えます。

もしもこの試みが成功した場合、現在の金の流れの仕組みそのものが変革することになり、同じような国々がこぞって独自の仮想通貨発行に力を入れるのは間違いありません。

実際に、ロシアは現在独自仮想通貨発行に大きくかじを取っています。

Petroが成功するかどうかはわかりませんが、世界中の国々から注目集めているのは間違いないでしょうね。

購入はEtherdeltaでやってるらしいですが、どうやって・・・?
https://etherdelta.com/#PPT-ETH

後悔されたペトロ購入マニュアル>>http://www.elpetro.gob.ve/docs/MANUAL%20COMPRADOR%20VERSION%20BETA.pdf

↑ごめん。読めん。

ちょっと調べてみて、分かるようだったら掲載しますね。

ただ言っておきますが、0円になる可能性は90%ぐらいだと個人的には思ってます。

独裁者が国内外の反対を押し切って発行される仮想通貨です。

大統領が辞めたら無くなる可能性があります。
資金を集めながら、それでも国がさらに傾いたら無くなる可能性があります。
世界中の取引所がこのトークンを受け入れない場合、換金できなくなります。

ただ、生き残った場合化ける可能性はあります。

リスクが9割。そんな危険な商品です。

以下、マニュアルの翻訳です。

正直言って、わけわからんかったので途中で断念しています。

たぶんマニュアルに掲載された方法と、etherdeltaで購入する方法は違うのではないか?と思われます。この辺そんなに詳しくないんだよね。

まあ一応載せておきますね。
詳細分かったら掲載しますが、あんまり興味はないので期待しないで。

ペトロ購入方法マニュアルの翻訳

慎重に、以下に示すすべての手順に従ってください。

1.ペトロを訪れる http://www.elpetro.gob.ve/

2.その他を開く。 電子メールを送信し、あなたのウォレットのダウンロードサイトにリダイレクトするリンクにアクセスします。

3.ウェブアドレスwww.elpetro.gob.veから圧縮ファイル(Petro Wallet)をダウンロードします。←これがどこにあるのかわからん。見つけた方教えてください。

4.ファイルを解凍して使用します。

5.ウォレットを開き、「サインアップ」をクリックします。 Simple WalletをクリックしてくださいReadyクリック
次へ

6.ウォレットに名前を付け、パスワードを割り当てます。

7カーソルを左に移動するウォレットのクリック
インサイド

8. [ウォレットをダウンロード]をクリックし、安全な場所(外付けハードドライブ)にウォレットを保護します。
あなたの保護を抑えておくための記憶装置)。

9. [秘密鍵の表示]をクリックします。

10. La wallet(64文字の16進数の文字列)からLa Gave Seed(秘密鍵)をコピーします。
ppdホップで。 安全な場所に保管してください。

あなたが正しい文字列を使用していないことを確認してください
あなたが覚えていることができる安全な場所に保管してください。

11. [/私の秘密鍵とパスワードを持っている]をクリックします。

12. [同意する]をクリックします。

13 [Walletを選択]ドロップダウンリストでウォレットを選択し、[パスワード]を入力してをクリックします
サインイン

14.アカウントの右上にあるをクリックします。

15.住所が記載されている場所ラ・ウォレットの方向が表示されます。
あなたはPTIRを受け取るために送る必要があります。


ビットバンクトレード
※4/16今から買うなら?おすすめの仮想通貨※
今は仮想通貨市場の復旧時期です。G20も終わり、コインチェック騒動もマネックスによる買収で終わり、
マイナス要素が出揃い終わった事で市場はようやく健全な状態に戻ろうとしています。
ただし、情報一つで次にどう転ぶかは分かりませんから、無理せず必要な金額は現金化し取り出し余剰資金でやる方が賢明です。

これから買うなら、ビットコイン、イーサリアムですかね。
※このサイト運営者は病的なBCHとETHホルダーです。
まあ参考ぐらいにしておいてください。


※現在予想されている事※
【ビットコイン】ライトニングネットワークがすでにベータに突入。本格的に導入が始まると、急激に投機熱が戻ってくる可能性がありますが、投機はやめておいた方がいいと思うよ?

【ビットコインCash】好材料は多いが、ビットコインよりワンテンポずれた動きしかしない。買うならビットコインが急激に上がった時。

【イーサリアム】新技術Plasma Cashが開発中。ハッキングに強くなるもので、完成するとOmiseGOにも導入されます。

【Litecoin】ダークウェブで大人気(笑)ライトニングネットワークが入るとさらに強くなりそう

【リップル】世界的に銀行間での送金の役割として重要視されています。


※人によって諸説あります。あくまで参考程度に


ライトコイン、イーサクラシックを高く売るなら
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

リップルを安く買う、高く売るなら
ビットトレード
イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!





Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
ビットフライヤー【6種類以上扱う有名な仮想通貨取引所】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットフライヤー:情報
運営会社   :株式会社bitFlyer
取扱通貨   :ビットコイン、Ethereum、イーサクラシック、ライトコイン、ビットコインCash、モナコイン
入金方法 :銀行入金・インターネットバンキング、コンビニ
取引方法 :BTC、ETHのみ個人取引可能、その他は販売所取引
ビットトレード【全銘柄差し値注文が可能な仮想通貨交換所】
ビットトレード
ビットトレード:情報
運営会社   :ビットトレード株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、リップル、ライトコイン、モナコイン、Ethereum、ビットコインCash
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする