Bitcoin LightningNetworkを使った実物のピザ注文テストは成功Bitcoin Pizza Day再び | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

Bitcoin LightningNetworkを使った実物のピザ注文テストは成功Bitcoin Pizza Day再び

Lightning Networkの実利用2例目が確認される

Bitcoinの取引の速度と手数料問題を解決するLightningNetwork技術の実利用テストが再び行われたようです。

Laszlo Hanyeczは2010年5月17日にビットコインを使って始めて実物のピザを注文し、5月22日にピザを受け取り、Bitcoin Pizza Dayを生み出したといわれる人物です。
※上の写真の人です。

↑2010年に購入された実際の写真

人々はこの取引を記念し、5月22日をビットコインピザの日と命名していました。

そんな彼は今回はLightningNetworkの技術を用い、2枚のピザを新たに購入したことが発表されました。

LightningNetworkは数年前から開発が続けられている技術で、去年の10月ごろからテスト送金が実用段階に達したとされており、今年に入って2件目の実際にネットワークを使った決済となります。

この技術は一部のネットワーク参加者だけが今の所利用することができますが、実用段階に至ればBitcoinはリップルと似た技術形態の送金チャンネルを獲得することとなり、今でも問題となっているBitcoinの送金問題を解決する手段となります。

Bitcoinコアは何してんだろうね?

とちょっとツッコミどころ満載ではありますが、Bitcoinは世界中の開発者がLightningNetwork技術の開発を進めており、これが世界中で実用段階に入った場合、ビットコインの価値は再び上昇に転じると思われます。

まあいつになるかわからない話ですし、当分は仮想通貨市場は微妙な価格で推移しそうな気がしています。

今後この技術がどこまで進むのか、Bitcoinが真に繁栄するには不可欠な要素なだけに続報が待たれますね。

てか、ピザでかくね?

情報ソース>>オリジナルのピザデーの購入者はBitcoin Lightning Network


ビットバンクトレード
サイトリニューアル告知!
だいぶ更新をサボ・・・ゴホッゴホッ。なかなか時間が取れてませんでしたから、一部情報が古かったりしています。
2019年1月に、一旦装い新たにバージョンアップしようと思ってます。
まあ、思ってるだけなんですけど。期待せずにお待ちください(笑)

イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!





Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする