仮想通貨市場は今年は成長?それともダウン? | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

仮想通貨市場は今年は成長?それともダウン?

仮想通貨市場が今年成長するとされる理由

いやー、本当にニュース何にもないですよね。

更新するか迷うレベル。

まあせっかくですし、海外ニュースサイトで出ていた「2018年に仮想通貨市場が最高になる理由」について紹介しましょうかね。

今回は長文です。

1.Bitcoinのスケーリング問題の解決

ビットコインは現在もまだスケーリング問題を抱えています。

ザックリ言うと、処理が遅い。

それでいて、手数料も高い。

という隙を与えぬ2段構え!

まあ、去年12月から比べると、その負の部分もだいぶ解消されてはきたんですけど、

単純に取引量が減ったから、解決(?)したという有様です。

ビットコインの開発の大部分を握るビットコインコアは、今後のスケーリングに関する問題解決に向けた開発が求められてますが、

ハッキリ言うと期待できない。

という状態。

しかし、ビットコインはある一つの可能性があります。

それが、

ですね。

この技術は第2のP2Pと言われるライトニングネットワークです。

この構想はすでに多くのビットコインユーザーの間で試験的な広がりを見せており、2018年に入ってから2度の実際の取引が記録されています。

先日ご紹介したビットコインピザもその一つですね。

この技術の開発が、少なくとも数加越内に完成に至ると海外、特にイギリス投資家たちの多くは予測をしていると言われています。

日本人はどちらかというと「あと数年はかかる」と懐疑的に考えている人も結構いるみたいですけどね。

これが実働に入ると、ビットコインはライトニングネットワークを使った取引が急激に拡大します。チャンネルを開いている人同士は無料で、即座に送金が行われるそうですから。

海外で、今年ビットコインが上がると予測している人は、このライトニングネットワークに非常に期待している事が伺えます。

まあ個人的には、
ビットコインの取引より、ライトコインの取引が暴走するんじゃないかとか考えてますけどね。ライトコインに特に期待してます。

ビットコインはすべてのコインの指標となるような通貨なので、

2.イーサリアムICOの成長

ICOと言えば?

イーサリアムですよね。

去年からICOによる資金集めがすさまじい勢いで広がり、イーサリアムは2017年1月の1500円程度から、2018年1月には最大15万円を記録しました。
現在の価格は10万円切るぐらいですけど、それでもなかなか頑張ってますよね。

去年から今年にかけて、新たにICOが生み出されるたびに、トークンを管理できるイーサリアムは必要とされており需要に関しては相変わらずあります。

世界中でICOによる詐欺が横行して問題となりましたが、企業が資金を集めるうえでもICOはとても有力な手段なのは間違いありません。世界中から投資家を集められますからね。

今後は詐欺的なものよりも、しっかりとした企業がこのICOに参入してくる可能性も高く、イーサリアムの取引は今年さらに拡大。成長率も去年と同じぐらい行くんじゃないか?

とか言われています。

今後も必要とされる限り、イーサリアムの成長は続く可能性は高いでしょうね。

3.規制が進んで利用ルールが明確に

「規制」という言葉は、去年の秋まではどちらかというとネガティブイメージがもたれていました。

というのも、中国が「規制」→「禁止」と最後に至った為、規制されるのは仮想通貨の将来性を縛り付ける言葉として認識されていたからです。

しかし、最近は「規制なくして市場での安定した成長はない」と認識している人が増えています。

仮想通貨はその特性上、匿名性の高い通貨として知られていますが、その特性によって犯罪利用が多発し問題が出まくっています。

仮想通貨を取り扱う人の個人特定は必要だな。というのは僕も最近つくづく思っています。

いろんな意見があると思いますが、コインチェックのNEM盗難事件を見ながらそう思いました。

各国は仮想通貨に対する規制ルールをそれぞれ設定し始めていて、禁止する国もあれば、積極的に取り入れる国、規制ルールを設定し始めている国と様々です。

しかし、立場が明確になった事によって、使える国ではちゃんと使えるのが保証されるわけですから、認められた国ではちゃんと今後も取引はできるってわけです。

最近では規制=取引保証と認識されるようになっており、今後も規制による使える国と使えない国の選別が行われていくのは間違いないです。

とまあ、他にもいろいろ言われていますが、このぐらいにしておきましょうかね。

今年数か月内にどっちに転ぶかは、正直何とも言えないところがあります。

しかし、年数が進むにつれて仮想通貨とブロックチェーンの技術がさらに進み、発展していくものと思われます。

世代も変わっていきますから、仮想通貨に懐疑的な人より、ある程度認知し使う人のほうが増えていくでしょうからね。日本もTVCMガンガン入ってますし。

投機的に急激な上昇を見せるよりも、徐々に一般的に使われるようになり成長していくのが理想的だとは思います。

なんだか長文になりましたが、今回はこの辺で。

情報参考>>これまでに2018が暗号にとって最高の年になる5つの理由


ビットバンクトレード
サイトリニューアル告知!
だいぶ更新をサボ・・・ゴホッゴホッ。なかなか時間が取れてませんでしたから、一部情報が古かったりしています。
2019年1月に、一旦装い新たにバージョンアップしようと思ってます。
まあ、思ってるだけなんですけど。期待せずにお待ちください(笑)

イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!





Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする