仮想通貨取引所7社が業務改善命令&行政処分。2社は営業停止へ | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

仮想通貨取引所7社が業務改善命令&行政処分。2社は営業停止へ

金融庁は仮想通貨7社に業務改善命令を出す

3月8日午前中、金融庁は仮想通貨取引を行っている合計7社について、業務改善命令を出し、そのうち2社に対して業務停止命令を行いました。

業務停止命令を受けたのは、FSHO(横浜市)、ビットステーション(名古屋市)の2社。

聞いたことねー。

そして業務改善命令を受けたのはZaifを運営するテックビューロ(大阪市)、GMOコイン(東京・渋谷)、バイクリメンツ(東京・港)、ミスターエクスチェンジ(福岡市)、コインチェック。

テックビューロとGMOコインは登録業者で、残りの5社はみなし業者。

Zaifは先日ビットコインを0円販売する事態を引き起こしてましたから、そりゃそうだよねー。

そして・・・

ミスター。やはりお前もかw

ミスターは仕方ないよねー。ねー?

今まで聞いた盗難事件の多くはこの取引所からでしたしね。

盗難されても、「警察に言ってください」で終わるみたいですからね。
まあほかの取引所もそんなに変わらないでしょうけど・・・。

脱線しましたが、大手企業であるGMOなども業務改善命令を受けるという事態。

市場規模が膨らんで、参入が相次いでいる状況。準備不足だけど始めちゃった。みたいな状態なんでしょうね。

今後もこの動き(業務改善命令が出る企業)は拡大するとみられています。

どこが安全かって?

何度も言いますが、取引所なんて信用しちゃだめですよ~。っと

保管はハードウォレット。これは絶対。

強いて言うならビットフライヤーじゃね?

情報ソース>>仮想通貨7社を行政処分、うち2社は業務停止 金融庁
コインチェックは2度目の改善命令


ビットバンクトレード
サイトリニューアル告知!
だいぶ更新をサボ・・・ゴホッゴホッ。なかなか時間が取れてませんでしたから、一部情報が古かったりしています。
2019年1月に、一旦装い新たにバージョンアップしようと思ってます。
まあ、思ってるだけなんですけど。期待せずにお待ちください(笑)

イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!





Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする