トランプ大統領はベネズエラの「ペトロ」の自国民取引を禁止する命令に署名 | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

トランプ大統領はベネズエラの「ペトロ」の自国民取引を禁止する命令に署名

トランプ大統領はペトロの取引を完全に遮断する

そうそう、19日月曜日に、トランプ大統領がベネズエラで発行される仮想通貨「ペトロ」にかかわる取引を、アメリカ国民に行わせないようにする命令を出しています。

この命令はすぐに法的拘束力を持つものとなります。

ドナルド・トランプ大統領は、米国住民がベネズエラの「ペトロ」暗号侵害に関連する取引をすることを禁止しているが、連邦政府は国家安全保障の観点から、クリプトカルトをより緊密に規制する可能性がある。

月曜日にトランプに署名され、すぐに効力を発するこの命令は、米国市民と住民が、権威主義者に対する米国の経済制裁を打倒しようとして、これらのトークンを開発したベネズエラによって後に発行されたペトロまたは他の暗号化通貨と取引することを違法にしているマドゥロ体制。

情報ソース>>トランプのエグゼクティブ・オーダーは「ペトロ」取引を禁止すると、バックドア暗号化規則につながる可能性がありますか?

仮想通貨というのは、本来自由なものであるべきとは言われていますが(僕はある程度の規制は必要だと思っていますけど)、ベネズエラのペトロは、国際的な制裁を回避する試みとして発行が行われたものであり、米国はこの行為を看過できないと判断したようです。

さすがペトロ。

ゴミになる可能性が非常に高い仮想通貨だね!

今後独自の仮想通貨を発行しようとしているロシアへのけん制の意味合いもあると見られますし、今後国が主導して発行する仮想通貨というものが、いったいどのような扱いを受けることになるのか?

興味深いところではありますね。


ビットバンクトレード
サイトリニューアル告知!
だいぶ更新をサボ・・・ゴホッゴホッ。なかなか時間が取れてませんでしたから、一部情報が古かったりしています。
2019年1月に、一旦装い新たにバージョンアップしようと思ってます。
まあ、思ってるだけなんですけど。期待せずにお待ちください(笑)

イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!





Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする