マルタ国は世界最大のブロックチェーン国を目指す。Binanceはマルタにオフィス設立へ | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

マルタ国は世界最大のブロックチェーン国を目指す。Binanceはマルタにオフィス設立へ

Binance、マルタに拠点を設立

ヨーロッパでも人気のリゾート地であるマルタ共和国に、Binanceが拠点を設立する事を明らかにしています。
マルタ政府は世界最大のブロックチェーン国を目指すと公言しており、ブロックチェーン技術、そしてそれを利用した仮想通貨の使用に対しても促進させる構えを見せており、同国内での銀行との結びつきも強固なものとなります。

各国の銀行では、仮想通貨企業との取引を禁止しようとする流れもある中、ヨーロッパにおいて確実に取引が可能となる場所が確保されたことになります。

Binanceは香港にある取引所であり、自治権が認められているとはいえ、中国に存在しています。

マルタ政府はBinance側の決定を歓迎するコメントを寄せており、小さな島国マルタでヨーロッパの国々に向けた、安定した仮想通貨事業が行われるものとみています。

日本ではBinanceに対する警告文が送られるなど、海外取引所に対する規制枠組みを設けようとしているわけで、今後Binanceはヨーロッパ側に比重を置くことになるのかもしれませんね。

情報ソース>>マルタに世界最大のCryptocurrency Exchangeが登場


ビットバンクトレード
サイトリニューアル告知!
だいぶ更新をサボ・・・ゴホッゴホッ。なかなか時間が取れてませんでしたから、一部情報が古かったりしています。
2019年1月に、一旦装い新たにバージョンアップしようと思ってます。
まあ、思ってるだけなんですけど。期待せずにお待ちください(笑)

イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!





Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする