金融庁は海外の取引所に対し「警告」以上の対応はできない | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

金融庁は海外の取引所に対し「警告」以上の対応はできない

金融庁はやっぱり海外取引所に対して無力(笑)

いやーやっぱり無理ですよね。

先日金融庁がBinanceに対して、「日本で認可を受けないまま営業している」と警告を発していましたが、

実際には、行政処分は不可能。警告しかできないという現状が浮き彫りとなっています。

金融庁が無登録で仮想通貨交換業を営んでいた海外業者に初めて警告を出した2月13日。行政処分に発展する可能性を問われた金融庁の答えは「日本で登録されておらず所在がマカオなので規制が及ばない」だった。

2017年4月に改正資金決済法を施行し、仮想通貨交換業者に登録制を導入した日本。利用者保護や資金洗浄(マネーロンダリング)対策を徹底するため、口座開設時の本人確認や顧客と業者の資産の分別管理などを義務づけた。

ただし同法の効力や金融庁の監督権限が及ぶのは日本国内のみ。登録制のない海外業者が日本人向けに無登録で仮想通貨交換業を営んでも「警告」を超えた手立てはないのが実情だ。

情報ソース>>仮想通貨規制、海外業者とはイタチごっこ 金融庁「警告」でけん制 

金融庁が海外取引所を処分できない理由は、

法律がないから。

日本は法整備に関しては慎重派が多く、一向にまとまらない風潮があります。

特に今の政府は仮想通貨の事よりも、加計・森友問題で手いっぱいです。

整備しようにも、足の引っ張りの泥沼状態にありますから、法律がまとまる事はないでしょう。この辺は、もう何年も前から議論される海外オンラインカジノと一緒ですね。

あっちも海外にあるものだから日本の法律に違反していません。
利用者たちはお金をかけるカジノギャンブルに参加できてしまっているのが現状。最近はユーザーたちもパチンコが儲からなくなったから、まだ勝てる可能性があるカジノに傾倒している傾向があります。まさに無法地帯と化してるわけで・・・。

海外取引所に対する法整備が今後進むかどうかと聞かれると、

たぶん無理だと思います。

これがアメリカだったりすると、すぐに法律を作って整備してくるんですけどね。あっちは大統領令もあるしフットワークが軽い軽い。

僕もBinanceに突っ込んでる資金は、そのままにしていますが、特に心配もしていなかったり・・・。


ビットバンクトレード
※4/16今から買うなら?おすすめの仮想通貨※
今は仮想通貨市場の復旧時期です。G20も終わり、コインチェック騒動もマネックスによる買収で終わり、
マイナス要素が出揃い終わった事で市場はようやく健全な状態に戻ろうとしています。
ただし、情報一つで次にどう転ぶかは分かりませんから、無理せず必要な金額は現金化し取り出し余剰資金でやる方が賢明です。

これから買うなら、ビットコイン、イーサリアムですかね。
※このサイト運営者は病的なBCHとETHホルダーです。
まあ参考ぐらいにしておいてください。


※現在予想されている事※
【ビットコイン】ライトニングネットワークがすでにベータに突入。本格的に導入が始まると、急激に投機熱が戻ってくる可能性がありますが、投機はやめておいた方がいいと思うよ?

【ビットコインCash】好材料は多いが、ビットコインよりワンテンポずれた動きしかしない。買うならビットコインが急激に上がった時。

【イーサリアム】新技術Plasma Cashが開発中。ハッキングに強くなるもので、完成するとOmiseGOにも導入されます。

【Litecoin】ダークウェブで大人気(笑)ライトニングネットワークが入るとさらに強くなりそう

【リップル】世界的に銀行間での送金の役割として重要視されています。


※人によって諸説あります。あくまで参考程度に


ライトコイン、イーサクラシックを高く売るなら
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

リップルを安く買う、高く売るなら
ビットトレード
イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!





Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
ビットフライヤー【6種類以上扱う有名な仮想通貨取引所】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットフライヤー:情報
運営会社   :株式会社bitFlyer
取扱通貨   :ビットコイン、Ethereum、イーサクラシック、ライトコイン、ビットコインCash、モナコイン
入金方法 :銀行入金・インターネットバンキング、コンビニ
取引方法 :BTC、ETHのみ個人取引可能、その他は販売所取引
ビットトレード【全銘柄差し値注文が可能な仮想通貨交換所】
ビットトレード
ビットトレード:情報
運営会社   :ビットトレード株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、リップル、ライトコイン、モナコイン、Ethereum、ビットコインCash
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 金融庁は海外の取引所に対し「警告」以上の対応はできない//cdn.embedly.com/widgets/platform.js […]