仮想通貨を急速に受け入れ始めるロシア2018FIFAワールドカップの影響か? | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

仮想通貨を急速に受け入れ始めるロシア2018FIFAワールドカップの影響か?

ロシアで仮想通貨決済の受け入れが加速

最近、ロシアの一部の都市ではビットコインに関係するサービスの提供が増加傾向にあるようです。

ロシアは仮想通貨取引を合法化させる法案を今年の夏に通す予定となっていますが、それに先駆けて一部の企業は決済導入を開始しているそうです。

南部の都市ではタクシー会社がビットコインCashの支払いを受け入れ開始、一部スーパーマーケットにはビットコインATMが配置され、仮想通貨を購入できる状況になっているようです。

背景にあるのは、2018年6月14日~7月15日までロシアで開催される、2018FIFAワールドカップ。

世界中からロシアへ観光客が訪れることが予想されており、政府の方針も合法的な取引を認める方向に進んでいるため、企業側が先んじて導入を開始しているようです。

まあ、そうなるよね。

ロシアは先日自国の仮想通貨ペトロを発行したベネズエラとは、国際社会からの制裁を受けている点で、同じ仲間のようなものであり、ペトロの成功は国際社会から孤立しているロシアにとって、仮想通貨導入を推し進める材料になったのは間違いないと思います。

あと2か月でどれだけ受け入れが進むのか、時間が短すぎるからそれほど大きな変化はないかもしれませんが、ワールドカップに向けて動き出しているロシア企業がいるのは間違いないでしょうね。

そういえば、特にタクシー業界での受け入れはいろんな国で盛んになり始めてますね。
タクシーは外国の人を乗せる可能性が高いため、ビットコイン決済受け入れに積極的です。

実際アメリカでもニューヨークやロンドンなど都市ではビットコイン支払いの受け入れをするタクシーが存在しています。

ニューヨーク

ロンドン

トルコ

ロシア

日本でも決済導入を行うタクシー会社が出てくる可能性も十分に考えられるでしょうね。


ビットバンクトレード
サイトリニューアル告知!
だいぶ更新をサボ・・・ゴホッゴホッ。なかなか時間が取れてませんでしたから、一部情報が古かったりしています。
2019年1月に、一旦装い新たにバージョンアップしようと思ってます。
まあ、思ってるだけなんですけど。期待せずにお待ちください(笑)

イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!





Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント