ビットトレード、シンガポール企業に経営権譲渡を発表 | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

ビットトレード、シンガポール企業に経営権譲渡を発表

ビットトレード、シンガポールへ経営権移譲

国内で認可を得て営業されている取引所ビットトレードが、シンガポール企業に経営権を移譲することが明らかとなりました。

金融庁はコインチェックで起きたNEMの盗難事件以降、取引所の管理を徹底するようセキュリティの強化を求めてきています。

ビットトレードは大手企業ではなく、どちからというと中堅どころの取引所として当サイトでもご紹介してきましたが、今後はシンガポールの企業の資金力をバックにつけて、セキュリティ強化、サービス拡充を進めていく考えのようです。

ビットトレードは改正資金決済法上の登録業者で、国内で事業を展開している。現在の実質的な親会社は外国為替証拠金(FX)取引業者のFXトレード・フィナンシャル(東京・港)。FXトレードは25%の持ち分を残し、残りをシンガポールの起業家が率いる企業に譲渡する。

閏間亮社長は引き続きトップを務める。5月30日の臨時株主総会で決める予定。

情報ソース>>仮想通貨交換のビットトレード、外国企業に経営権譲渡 

ちなみに、経営権は移譲されるものの、社長は変わらず。運営自体はそのまま継続されますから、ユーザーからすると悪い話ではないようですね。


ビットバンクトレード
サイトリニューアル告知!
だいぶ更新をサボ・・・ゴホッゴホッ。なかなか時間が取れてませんでしたから、一部情報が古かったりしています。
2019年1月に、一旦装い新たにバージョンアップしようと思ってます。
まあ、思ってるだけなんですけど。期待せずにお待ちください(笑)

イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!





Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする