みなし業者FSHOが強制撤退へ。金融庁は認可を拒否 | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

みなし業者FSHOが強制撤退へ。金融庁は認可を拒否

金融庁、FSHOの申請許可を出さない事を発表

日本で仮想通貨取引業を行っている会社は、みなし業者を含めると20社以上になりますが、今回みなし業者として当面の営業が行われてきたFSHOに対し、国内で初めて登録申請を却下された事が明らかとなっています。

同社は3月8日に業務改善命令、その後も顧客確認と利用者保護についての対応改善gみられなかったため、4月6日に再び業務改善命令、および業務停止命令が出されていました。

6月7日にその停止期間が終わるわけなんですが、金融庁は業務再開を認めず、申請を取り下げなかった場合は登録拒否を行うとFSHO側に伝えたようです。

FSHOは金融庁のこの発表を受け、今後仮想通貨取引業については事業を他の会社に譲渡することにしたようです。

すでにFSHOのサポートに関する事は別の会社が対応をしているとされており、FSHOが入居していたビルでも撤退していることが確認されたそうです。

今後もみなし業者や認可済みの取引所でも、改善が見られないようなところは消えていく事になるんでしょうね・・・。

業務停止期間が終わる6月7日を前にした5日、金融庁はFSHOの業務再開を認めず、申請を取り下げなければ登録を拒否する方針と日経新聞が報じた。
同日、FSHO の代表番号へ電話するとFSHOと別の会社が応答し、「FSHOが併営していた電子ギフト券の買取事業を継承した。FSHOの状況についてはわからない」と答えた。FSHO本社を訪ねると表札が外されていた。同じフロアにある別の会社の社員によると、3日前に会社表札がなくなったという。FSHOのホームページには本社移転は記載されていない。

情報ソース>>仮想通貨交換業者の登録拒否と報道されたFSHO、 一部事業を譲渡か


ビットバンクトレード
サイトリニューアル告知!
だいぶ更新をサボ・・・ゴホッゴホッ。なかなか時間が取れてませんでしたから、一部情報が古かったりしています。
2019年1月に、一旦装い新たにバージョンアップしようと思ってます。
まあ、思ってるだけなんですけど。期待せずにお待ちください(笑)

イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!





Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする