イギリスの仮想通貨取引所でライトコインの先物取引が22日に開始 | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

イギリスの仮想通貨取引所でライトコインの先物取引が22日に開始

ライトコインの先物取引がイギリスの取引所で開始

イギリスに拠点を置く仮想通貨取引所Crypto Facilitiesの発表によると、今週の金曜日22日からライトコインの先物取引契約を開始するそうです。

米ドル建て契約となり、週、月、四半期の期間での取引を条件を提供。

この開始に関してCrypto Facilities側は「顧客からの要望による」としており、イーサリアムの先物取引開始に続き、ライトコインも開始するわけです。
イギリスでは女性の仮想通貨投資意識が他の国に比べて高いと言われており、今後イギリス国内で仮想通貨取引が流行する可能性もないこともないです。

そしてライトコイン自体、12月のビットコイントランザクション混雑問題発生後、ブラックウェブで急激に仕様が広がっていた事もあります。

まあただ、日本や韓国のような投機的なお金の動かし方はしませんから、ライトコインが急激に上がるか?と言われたらNoと言いますが、今後もサブ的な扱いで取引されていくのは間違いないでしょう。

価格も安いし、投資としてもまだまだ考えてもよさそうですかね。

参考ソース>>Litecoinの先物を開始する英国の暗号交換


ビットバンクトレード
サイトリニューアル告知!
だいぶ更新をサボ・・・ゴホッゴホッ。なかなか時間が取れてませんでしたから、一部情報が古かったりしています。
2019年1月に、一旦装い新たにバージョンアップしようと思ってます。
まあ、思ってるだけなんですけど。期待せずにお待ちください(笑)

イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!





Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする