「CoinbaseはXRPを追加すべき、そしてそれは証券ではない」リップルCEO | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

「CoinbaseはXRPを追加すべき、そしてそれは証券ではない」リップルCEO

リップルの CEOであるBrad Garlinghouseが、ニューヨークで行われたインタビューにて、「CoinbaseはXRPを追加すべき、そしてそれは証券ではない」

という内容の事を話しました。

リップルラボ社によると、XRPが証券ではない理由としてつぎのことを挙げています。

  1. Ripple LabsはXRPを支配していません
    XRPはユーティリティー通貨であり、その主な使用事例は株式と従来の証券とは異なり支払い処理です
  2. RippleはPoSネットワークではなく、Ripple Labsに多くのXRPがあるという事実は、Ripple LabsにRippleブロックチェーンネットワークを制御することはできません
  3. Ripple Labsが失敗したとしても、XRPはまだ存在します

リップル社とXRPは完全に分かれており、万が一リップル社が潰れたとしてもXRPは存在し続ける。というわけですね。

本来証券というものは発行している会社がつぶれてしまった場合は全くの無価値になってしまうのが当たり前ですが、XRPはそれに該当しない。だから証券ではない。と主張したわけです。

まあ実際米国SECがどう判断するのか・・・。

SECは先月ごろからイーサリアムやXRPに対して、それが証券に当たるかどうかの判断を試みています。まあ米国証券取引委員会(SEC)の最高経営責任者(CEO)は先日、イーサリアムは証券のような規制すべき投資ではないと発言していましたが、XRPについてはまだその判断が出ていません。

コインベースはXRPの取り扱い開始に興味を持っているものの、SECがもしもそれが証券だと判断した場合、コインベースとXRPのトレーダーは責任を問われ罰せられるそうですから、

SECの判断が出ない限りはお預け状態ですね。


ビットバンクトレード
サイトリニューアル告知!
だいぶ更新をサボ・・・ゴホッゴホッ。なかなか時間が取れてませんでしたから、一部情報が古かったりしています。
2019年1月に、一旦装い新たにバージョンアップしようと思ってます。
まあ、思ってるだけなんですけど。期待せずにお待ちください(笑)

イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!





Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする