ICOトークンは上場後4か月で半数以上が消える | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

ICOトークンは上場後4か月で半数以上が消える

ICOトークンは4か月で生き残りは半数以下に

ボストン大学の学術研究によって行われた調査によると、ICOでトークンを配布しその後上場されたものは、発売後4か月間で生き残っているのは44.2%だという調査結果を明らかにしました。

ICOはそもそも実現不可能な誇大広告を打ち、世界中から資金を集める詐欺的なものが大半を占めています。実際に上場を果たすのは全体の2割以下と言われており、そのうちさらに半数が120日以内に消えていく・・・とされています。

上場したもののすぐさま活動を停止する詐欺的な組織も多く存在していて、日本人も結構な被害に遭っているかと思います。

ICOの最も安全な取引方法は、上場後1か月以内に売却する事。最善は上場初日に売却してしまう事だとレポートは結論付けています。

新しい学術研究は、ICOを介して資本調達する暗号プロジェクトの50%以上が、トークン販売後5ヶ月後に完了しないと結論付けました。この調査では、トレーディングの最初の1ヶ月以内にコインを売却すれば、投資家は最善の利益を得られることが示唆されていますが、安全な戦略は初日にトークンを分けることです。

情報ソース>>ICOの半分以下が販売後4ヶ月で生き残る、調査調査

この話に完全に当てはまるコインは結構ありそうですね。

これとか

噂話ですが、このコインを推し進めていたネットワーカーさんは、上場初日に売却してしまい、数週間後には別のICOコインの勧誘を開始していたとかなんとか。

ほんと、色んな意味ですごいな。

話が脱線しましたが、

もしもあなたが何かしらのICOに参加しているのであれば、上場した後は早い段階で売却してしまうというのが堅実な方法。だと言うことですね。

ICOには危険が付きまとう、というか危険しかないかもしれないのが現状です。


ビットバンクトレード
※4/16今から買うなら?おすすめの仮想通貨※
今は仮想通貨市場の復旧時期です。G20も終わり、コインチェック騒動もマネックスによる買収で終わり、
マイナス要素が出揃い終わった事で市場はようやく健全な状態に戻ろうとしています。
ただし、情報一つで次にどう転ぶかは分かりませんから、無理せず必要な金額は現金化し取り出し余剰資金でやる方が賢明です。

これから買うなら、ビットコイン、イーサリアムですかね。
※このサイト運営者は病的なBCHとETHホルダーです。
まあ参考ぐらいにしておいてください。


※現在予想されている事※
【ビットコイン】ライトニングネットワークがすでにベータに突入。本格的に導入が始まると、急激に投機熱が戻ってくる可能性がありますが、投機はやめておいた方がいいと思うよ?

【ビットコインCash】好材料は多いが、ビットコインよりワンテンポずれた動きしかしない。買うならビットコインが急激に上がった時。

【イーサリアム】新技術Plasma Cashが開発中。ハッキングに強くなるもので、完成するとOmiseGOにも導入されます。

【Litecoin】ダークウェブで大人気(笑)ライトニングネットワークが入るとさらに強くなりそう

【リップル】世界的に銀行間での送金の役割として重要視されています。


※人によって諸説あります。あくまで参考程度に


ライトコイン、イーサクラシックを高く売るなら
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

リップルを安く買う、高く売るなら
ビットトレード
イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!





Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
ビットフライヤー【6種類以上扱う有名な仮想通貨取引所】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットフライヤー:情報
運営会社   :株式会社bitFlyer
取扱通貨   :ビットコイン、Ethereum、イーサクラシック、ライトコイン、ビットコインCash、モナコイン
入金方法 :銀行入金・インターネットバンキング、コンビニ
取引方法 :BTC、ETHのみ個人取引可能、その他は販売所取引
ビットトレード【全銘柄差し値注文が可能な仮想通貨交換所】
ビットトレード
ビットトレード:情報
運営会社   :ビットトレード株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、リップル、ライトコイン、モナコイン、Ethereum、ビットコインCash
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. むぎこ より:

    4ヶ月で半分以下しか生き残ってないのですか…!?(=_=)
    ホイホイ参加しちゃう人が多いんですかね…。
    私はICOには参加しないのですが(見極める自信が全くないので!)最近勧められたのはADKという通貨ですね~…買いませんけど…。

    • 天才ビットくん より:

      まあ、ICOは危険だっていうのは前々から言われてましたしね・・・。
      それでも「ADAで億稼いだ!」みたいな前例もありますから、夢を見ちゃうんでしょうね。
      正直これから先のICOも、ほとんど碌なものじゃないでしょうから、参加するなら自己責任。という感じですね。