イランは制裁回避のために仮想通貨導入を検討 | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

イランは制裁回避のために仮想通貨導入を検討

イランの国会議員、米国の制裁を回避する提案

イランは国内で起きている人権侵害や核開発問題を受け、米国から核兵器、ミサイル、特別な軍事技術などの軍事関連の輸出を禁止され、石油、天然ガス、石油化学製品などのエネルギー資源への投資なども禁じられています。

そんなイランで仮想通貨導入の動きが・・・

イランの高官である国会議員によると、イランは今後の米国の制裁を回避するための努力の一環として、クリプトカルトを採用する可能性があるとし、すぐ議事が議論されると述べた。イランの議員はまた、デジタルマネーは米ドルの覇権を克服するのに役立つと考えている。

情報ソース>>イラン、Cryptocurrenciesを使って米国の制裁を回避することを検討

やっぱりペトロの成功を見ている限りでは、国際的な制裁を回避する手段として有効だと認められたんでしょうかね。

ロシアでも制裁回避のための仮想通貨導入を検討しており、国際的に孤立を深める国にとって、仮想通貨は現在世界で流通する最も強い通貨米ドルを使わない新たな決済手段として採用されていきそうです。


ビットバンクトレード
サイトリニューアル告知!
だいぶ更新をサボ・・・ゴホッゴホッ。なかなか時間が取れてませんでしたから、一部情報が古かったりしています。
2019年1月に、一旦装い新たにバージョンアップしようと思ってます。
まあ、思ってるだけなんですけど。期待せずにお待ちください(笑)

イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!





Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする