イギリスは暗号通貨世界のリーダーを目指す。ICOルールを規定 | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

イギリスは暗号通貨世界のリーダーを目指す。ICOルールを規定

イギリスはブロックチェーン大国を目指す

スイスやマルタ、オーストリアなど世界のいたるところで競争が起きているブロックチェーン技術開発。そんな競争関係が渦巻くの中、イギリスは2022年までに世界的な拠点となるブロックチェーン大国を目指す意気込みのようです。

イギリスは、英国の報道機関が引用した新しい報告書によると、暗号化経済とブロックチェーン技術の導入のリーダーとなる良い立場にある。英国は2022年までにすべての必要なリソースを所有していると主張しており、2022年までに技術の世界的な拠点になるという産業界および政府の意向もある。

情報ソース>>毎日:英国は暗号のリーダーとして、英国はICOルールを採用

イギリスが2022年までにブロックチェーン技術と仮想通貨分野でリーダーになる可能性があると予測する新しいレポートが出ている。英ガーディアンが16日に報じている。

情報ソース>>イギリスが2022年にブロックチェーン技術と仮想通貨でリーダーに、レポートで予測

国によってはマイニングなどの事業が禁止されている所も出てきていますが、ブロックチェーン開発にはどの国も興味津々です。

というのも、仮想通貨およびブロックチェーンの技術開発は、多額の資金を集める産業になっている事、そして今後の様々な分野に転用され使われているのは間違いなく、そういった企業が集まればそれだけ多くの資金が経済に回り、やらなければ他の国に先を越されてしまうだけ。とか言われています。

どの国がこの分野で影響力を持つようになるのか、イギリス、スイス、マルタ、オーストリアによる企業誘致と開発の競争は激化していきそうですね。


ビットバンクトレード
サイトリニューアル告知!
だいぶ更新をサボ・・・ゴホッゴホッ。なかなか時間が取れてませんでしたから、一部情報が古かったりしています。
2019年1月に、一旦装い新たにバージョンアップしようと思ってます。
まあ、思ってるだけなんですけど。期待せずにお待ちください(笑)

イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!





Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする