Coinbaseがfacebook広告を再開。facebookは禁止後初の仮想通貨関連広告を解禁 | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

Coinbaseがfacebook広告を再開。facebookは禁止後初の仮想通貨関連広告を解禁

コインベースの広告がfacebookに公開

今年になって仮想通貨、そしてICOに関する広告の掲載を禁止していた米国facebookが、仮想通貨取引所Coinbaseの広告掲載を再開した事が明らかとなっています。

小売側のビジネスに関する良いニュースを出した。CEOのブライアン・アームストロング氏は、ソーシャルメディアで「Facebookは今年初めに暗号化広告を禁止した。私たちは現在、ホワイトリストに登録されており、オープンな金融システムに多くの人々を紹介していると誇りに思っています。

1月にすべての暗号広告を禁止した後、Facebookは6月にポリシーを更新し、「事前承認された広告主」からのプロモーションコンテンツを許可した。米国市場での地位と弁護士に費やす余裕があることから、 Coinbaseがそれをリストに載せました。

情報ソース>>Coinbaseは200億ドルのプライムクライアント、Facebook上の広告を取得

ビットコインを含む仮想通貨は、今年1月中旬に最高値を記録して以降不安定な状況が続いていますが、こういった広告が禁止された理由は詐欺的なものが多く含まれていたためです。

特にICOに関連した広告が横行していて、その被害に遭う人も多数出ていました。仮想通貨業界からはfacebookを含むSNS会社に対する苦言や訴訟が起きていましたね。

今回のコインベースの広告再開は、堅実な会社としてコインベースを認めたという事でもあります。

日本は仮想通貨取引所の新たな認可には相変わらず否定的ですが、米国では今後も仮想通貨業界は成長するだろうと思います。


ビットバンクトレード
サイトリニューアル告知!
だいぶ更新をサボ・・・ゴホッゴホッ。なかなか時間が取れてませんでしたから、一部情報が古かったりしています。
2019年1月に、一旦装い新たにバージョンアップしようと思ってます。
まあ、思ってるだけなんですけど。期待せずにお待ちください(笑)

イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!





Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする