Ethereum ClassicがRobinhoodに登録された事で価格上昇 | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

Ethereum ClassicがRobinhoodに登録された事で価格上昇

ロビンフッドがEthereum Classicを登録

仮想通貨取引アプリ、Robinhoodが新たにEthereum Classicを6番目の取り扱い通貨として追加されました。

株式取引アプリRobinhoodは、最近公開された暗号取引プラットフォームに列挙されているethereum classic(ETC)の6番目の暗号をCryptocurrencyにしました。

5億6000万ドルのこの会社は、米国の有資格州の投資家に、従来の株式投資とともにポートフォリオにETCを保持する能力を提供することで、

Robinhoodは、個々の管轄区域で運用するための送金者ライセンスを取得するため、州ごとに暗号化取引を展開しています。現在、このサービスは19州(最も最近アイオワ州とジョージア州)の投資家に提供されています。

情報ソース>>Ethereum ClassicがRobinhood Cryptoに登録された6番目の暗号侵害になる

今後コインベースに追加されるという情報も先日から流れていたこともあり、市場はその期待感から10%程度の上昇を見せました。ついでにイーサリアムも上がってましたねw

短期的な上昇をしていますからその後の反動もすごそう・・・ただ、仮想通貨は上がる時はどんどん上がる傾向がありますから、どっちに転ぶかな。

興味がある方はチェックしておきましょう。

そういえば、ベネズエラの大統領がドローン爆弾の標的になってましたね。
彼が死んだらペトロがおじゃんになる可能性もあります(議会は反対してたし)ので、ちょっと怖いねw


ビットバンクトレード
サイトリニューアル告知!
だいぶ更新をサボ・・・ゴホッゴホッ。なかなか時間が取れてませんでしたから、一部情報が古かったりしています。
2019年1月に、一旦装い新たにバージョンアップしようと思ってます。
まあ、思ってるだけなんですけど。期待せずにお待ちください(笑)

イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!





Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする