Googleはアメリカと日本の仮想通貨広告を再開 | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

Googleはアメリカと日本の仮想通貨広告を再開

Googleの発表によると、来月付で米国と日本で行われていた仮想通貨関係の広告の停止を一部終了し、再開するそうです。

Googleは、規制された暗号化交換が米国と日本のプラットフォームで10月から広告を出すことを許可すると発表した。これにより、同社が6月に暗号広告に課す制限のいくつかが削除される。

今年に入ってグーグルやfacebook、twwiterなどの大手SNSは仮想通貨に関連するインターネット広告を停止させていましたが、徐々に「一部」の仮想通貨広告を再開させることを決定しています。

まあこれは詐欺的な広告が横行する状況で、興味を持ってクリックしていった人たちが詐欺に遭う可能性があったため仕方のない事ではあったのですがね。

ある程度仮想通貨の投機的な流れが落ち着いたことで、”仮想通貨で稼げる”という安易な考えを持つ人が減少。関連する詐欺も急激に減っていたものと思われます。

これから先は一部審査のような形で広告が出てきますから、今後の業界の健全化が見込まれます。

価格的にはイマイチな状況が続きますが、仮想通貨の世界はどんどん進んでいくわけですかね。


ビットバンクトレード
サイトリニューアル告知!
だいぶ更新をサボ・・・ゴホッゴホッ。なかなか時間が取れてませんでしたから、一部情報が古かったりしています。
2019年1月に、一旦装い新たにバージョンアップしようと思ってます。
まあ、思ってるだけなんですけど。期待せずにお待ちください(笑)

イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!





Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする