ベネズエラ国民はBitcoin購入に走る。あれ?ペトロは? | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

ベネズエラ国民はBitcoin購入に走る。あれ?ペトロは?

米国を中心とした国際社会による制裁を受けて困窮しているベネズエラですが、国内通貨ボリバルの超インフレから退避すべく、ベネズエラ国民がBitcoinを購入している事が明らかとなっています。

今年の2月ごろからビットコイン取引が徐々に始まり、そのボリュームは急激に拡大。
半年前から比べると、その量は10倍以上に及んでいます。

ビットコインは4月ごろの価格は75万円程度。同国の2018年のインフレ率が100万%に達すると言われている事を考えると、今後も下落する可能性が高いボリバルをBitcoinに替えておこうというのは国民感情的にも理解できます。

一応ベネズエラ国内では、11月よりペトロの販売を開始し国民はペトロを自由に売買できるようになります。しかし、困窮が続くベネズエラで現政権への不信は高まっており、ベネズエラ国民にパスポート代金にペトロでの支払いを求める政策になっているとは言え、ペトロを資産保護として購入するかどうかは正直微妙ですかね。

それにしても、最近のチャートを見てもやはり強いのはビットコインぐらいか。

仮想通貨の価値保全を目指すのであれば、今の所Bitcoinを超える通貨がないというのが現実でしょうね。

情報参考>>激しいインフレにより、Bitcoinの取引量がベネズエラの新たな高値に


ビットバンクトレード
サイトリニューアル告知!
だいぶ更新をサボ・・・ゴホッゴホッ。なかなか時間が取れてませんでしたから、一部情報が古かったりしています。
2019年1月に、一旦装い新たにバージョンアップしようと思ってます。
まあ、思ってるだけなんですけど。期待せずにお待ちください(笑)

イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!





Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする