インドの仮想通貨ATM暗礁(笑)Unocoin創設者逮捕へ | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

インドの仮想通貨ATM暗礁(笑)Unocoin創設者逮捕へ

つい先週、インドでビットコインATMを国内30台に導入すると発表したUnocoinの創設者2名が、インド警察によって「無許可で仮想通貨ATMを設置した」として逮捕されました。

なにその急展開ww

インドの警察は、ベンガルールに本拠を置く暗号暗号交換Unocoinによって運営されている最近設置されたキオスクを押収した、と報じた。

キオスクは、バンガロールの旧空港道路のケンプ・ポート・モールにあるとされていた。それはして立ち上げた現金自動預け払い機(ATM)として10月15日に。警察によると、マシンは「承認なしに設定されたので違法」と詳細に説明されている。

バンガロール大都市大都市圏の政府の支店であるBBMP(商業施設および一部のインフラ資産)の商業許可なしでマシンを稼動させたと付け加えた。

情報ソース>>インドの警察は、UnocoinのATMを押収し、2人の創設者を逮捕

許可取りなさいよww

多分、自分たちの都合で法解釈した結果なんでしょうね。
まあインドは仮想通貨取引に対して厳しい立場を取り続けていますから、今回の件は申請したとしても許可が出た可能性は低かった。という事なんですかね?ww

Viswanathはこれまで、「インド人がビットコインを購入、所有、販売することは完全に合法だ」と説明した。

財務大臣が2018年2月に禁止を発表した後、私たちは多くの悪い報道を受けました。大臣の声明は明らかでした。クリプトカルトはインドで法律上の入札ではありません。彼は「違法入札」とは言わなかった。大きな違いがあります。

まあ、どっちにしても

今後のインドのビットコインATM事情は暗礁に乗り上げたのは間違いないわけで。。。


ビットバンクトレード
サイトリニューアル告知!
だいぶ更新をサボ・・・ゴホッゴホッ。なかなか時間が取れてませんでしたから、一部情報が古かったりしています。
2019年1月に、一旦装い新たにバージョンアップしようと思ってます。
まあ、思ってるだけなんですけど。期待せずにお待ちください(笑)

イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!





Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする