リップルとR3社が和解し、SBIはリップル及びXRPによる国際送金をすすめる | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

リップルとR3社が和解し、SBIはリップル及びXRPによる国際送金をすすめる

リップル社、係争中だったR3社と和解

17年9月、R3社とリップル社が仮想通貨XRPの購入で合意に違反したとかなんとかで係争中だったんですが、2018年9月に両者が和解の道を選びました。

これを受けて、出資先にそれぞれの役員を採用していたSBI北尾社長は次のように述べています。

「いよいよ本格的にR3にXRPを使わせる、そういうプロジェクトを作って行かなければいけない。この両社が手を握った時、ほぼ全フィールドをカバーできるようになります。国際送金だけじゃなしに、XRPが広範に使われる可能性が出てくる。我々はSBIリップルアジアと同じような、SBI-R3アジアをつくりたいということで、話し合いを始めております」

情報ソース>>SBI決算説明会にて

SBIはすでにリップル技術を導入し、国際送金の今後の要とする事を公表していました。
そして今回R3社が再びリップルと手を結んだ事で、R3社によるXRPを使った国際送金の計画を進めるわけです。

これまで懸念されていた、リップルの”技術だけ”を利用したものではなく、実際にXRPを使うように計画していると言及したのは初めてじゃないかな?(どこかで言ってたかもしれませんけど)

さらにSBI証券はカルチュア・コンビニエンス・クラブと業務提携した事で、取引によるTポイント付与やポイントでの仮想通貨購入を行えるようにしたいと考えているようです。

「徹底的に若年層を取り込んでいきたい。当然、仮想通貨においてもやろうと考えています。ポイントで仮想通貨が買えるようにしよう、とか」

Tポイントが仮想通貨購入に使えるようになるかもしれないわけか・・・

SBIは今後も積極的に仮想通貨やブロックチェーンを利用したサービス拡大に力を入れていくつもりのようです。


ビットバンクトレード
サイトリニューアル告知!
だいぶ更新をサボ・・・ゴホッゴホッ。なかなか時間が取れてませんでしたから、一部情報が古かったりしています。
2019年1月に、一旦装い新たにバージョンアップしようと思ってます。
まあ、思ってるだけなんですけど。期待せずにお待ちください(笑)

イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!





Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする