「イーサリアムには大きな可能性がある」元Google CEO Eric Schmidt | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

「イーサリアムには大きな可能性がある」元Google CEO Eric Schmidt

元Google CEO、イーサリアムの可能性を語る

サンフランシスコのビレッジ・グローバルが主催するエコノミスト、タイラー・コーウェンとのライブイベントで、Googleの元CEO、Eric Schmidt(エリックシュミット)がイーサリアムについて発言しました。

テクノロジーやインターネットなど様々な分野についての話の一環で、ブロックチェーンについて彼は質問された事に次のように答えました。

ブロックチェーンは公的な形式では、過大評価されています。
しかし技術的には過小評価されている。

今日、ブロックチェーンはビットコインやその他の通貨のための素晴らしいプラットフォームです。そして、それは人々がお互いを信頼しないプライベートバンキング取引のための素晴らしいプラットフォームです。

企業や社会に革命を起こす可能性のあるイーサリアムの開発が活発化している

最も興味深いことは、ブロックチェインの上での実行の始まりであると思う。最も顕著な例はイーサリアムの能力である

簡単に言うと「Ethereumには大きな可能性がある」との事。

シュミット氏は2014年、ビットコインの将来について大きな可能性を秘めた独創的な技術進歩として仮想通貨を称賛していたことで知られています。最近はイーサリアムにお熱?なのでしょうかね?

また、現在のGoogle CEO Sundar Pichaiの11歳の息子は、ゲーミングPCを購入しイーサリアムのマイニングを行っているそうです。

どうもGoogleの幹部陣は揃ってイーサリアムにお熱のようで・・・(笑)

情報参考>>エテリアムは大きな可能性を秘めている:億万長者の元Google CEOエリックシュミット


ビットバンクトレード
サイトリニューアル告知!
だいぶ更新をサボ・・・ゴホッゴホッ。なかなか時間が取れてませんでしたから、一部情報が古かったりしています。
2019年1月に、一旦装い新たにバージョンアップしようと思ってます。
まあ、思ってるだけなんですけど。期待せずにお待ちください(笑)

イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!





Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする