金融庁は新しいICO規制ルールの導入に動く | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

金融庁は新しいICO規制ルールの導入に動く

金融庁、新ICO規制を導入へ

金融庁の発表によると、来年の通常国会での改正を目指し、新しいICO規制ルールを適用するため動き出しているようです。

金融庁は、ベンチャー企業などが独自の仮想通貨を発行して資金調達する「ICO」に対する規制に乗り出す。海外では詐欺まがいの案件も多いとされるため、個人投資家に対する勧誘を制限し、投資家保護を図る。

独自通貨を販売する事業者に金融庁への登録を義務付ける方針で、来年の通常国会に金融商品取引法、資金決済法の改正案の提出を目指す。

情報ソース>>「ICO」、個人投資家の勧誘制限=仮想通貨規制、金商法改正へ-金融庁

ICOは去年の春ごろから爆発的に広がり人気を集めました。しかしその一方、多くの詐欺事件が発生し被害が拡大していました。実に80%は詐欺だったとされ、残った20%のうち10%以上は凍結、実質的に生き残ったものは5%未満という結果になっています。

僕もICO参加したことありますけど、今ではただのゴミと化しています(笑)

今から考えると、スピンドル買い逃してよかったわ(価格が上がったので諦めた)。とか思っちゃうわけで・・・(笑)まあ結果論ですけどね。

逆に言うと、カルダノ エイダコインを買って上がったところで売っておけば大成功だったわけですがね(今は価格だいぶ下落してると思いますけど)

金融庁がICOルール介入に乗り出したことで、来年からは日本人投資家がICO投資に参加する機会に制限が付く可能性が高まります。まあ、金融庁の認可を受けてICO投資を呼びかけるものに切り替わるんじゃないかな?

リスクが抑えられるというメリットは確かにありますから、悪い話ではないんでしょうね。


ビットバンクトレード
サイトリニューアル告知!
だいぶ更新をサボ・・・ゴホッゴホッ。なかなか時間が取れてませんでしたから、一部情報が古かったりしています。
2019年1月に、一旦装い新たにバージョンアップしようと思ってます。
まあ、思ってるだけなんですけど。期待せずにお待ちください(笑)

イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!





Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする