ペトロは相変わらず国民からも懐疑的!? | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

ペトロは相変わらず国民からも懐疑的!?

ペトロに対してのベネズエラ国民の反応

ベネズエラ、マドゥロ大統領が独裁政権を握り発行されている仮想通貨ペトロですが、先日通貨価値の切り上げが発表されました。

最初の発表時は1ペトロ、3600ボリバル・ソベラノだったのが、その後は9000ボリバルまであげることを発表。一見するとペトロが値上がりしたように思えますが、現地通貨の価値下落もあるでしょうから、実質的に価値が上がっているかは不明。という状態です。

ペトロ、というよりまずもってマドゥロ大統領自体が国民から信用されていないのはご存知の通り、ベネズエラの経済状況は相変わらず貧困で、多くの人は南米へ国外脱出をしているという有様。

ペトロが大統領の言う通り価値があるかと言うと、国民にとっては怪しいものでしかないわけです。国民の反応は次の通り

「交換所がベネズエラでそれらを使用しているとは思っていない。彼らは再販するためにドルを購入し、ペルーの価格に応じてここで扱われる為替レートで取引することを好む」

「私は政府の考えを信じることはできないし、「ペトロ」暗号コインはもっと多くの資金を奪うもう一つの動きだ」

「Petroが100%詐欺であり、政府がお金を洗うための良い方法だ」

ベネズエラの政府は、国家機関に侵入した犯罪者との間で、過度の腐敗と、一部の者による「マフィア国家」としての操業のさえ非難されている。専門家は、通貨を批判し続けている。

情報ソース>>マドゥロ大統領がペトロの価値を上げた後、ベネズエラ人は懐疑的なままだ

とまあ、こんな感じ。

日本人の中にもペトロを購入した人は結構いるみたいですけど、実際にICO参加した人たちがペトロを売買できるようになった時、いったいどのような結果に終わるのかは今の所不明です。

まあ、ベネズエラの情勢からすると、紙くず同然になる可能性の方が高いとは思いますけど。


ビットバンクトレード
サイトリニューアル告知!
だいぶ更新をサボ・・・ゴホッゴホッ。なかなか時間が取れてませんでしたから、一部情報が古かったりしています。
2019年1月に、一旦装い新たにバージョンアップしようと思ってます。
まあ、思ってるだけなんですけど。期待せずにお待ちください(笑)

イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!





Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする