マネックス(コインチェック)は米国進出を目指す | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

マネックス(コインチェック)は米国進出を目指す

マネックスグループは今後は米国市場に拡大する計画

さて、今年一番印象深い取引所と言えば言わずと知れたコインチェックですよね。
今年1月に外部からの侵入を許し、580億円もの損失を計上したのは今でも記憶に残っています。

その後はマネックスがコインチェックを買収し、経営陣を一新。
事業の再開をするためにセキュリティの改善と強化を行ってきたわけです。

そんなコインチェックの発表によると、今後の方針としては、米国市場への参入を目標にしているとか何とか。

暗号化ビジネスでは、過去数ヶ月間、米国で仮想通貨サービスを準備しています。私たちは2019年の第1四半期に始めることができると考えています。

情報ソース>>日本のマネックスグループ、米国での暗号化エクスチェンジを開始

現在、仮想通貨を支払いの一つとして積極的に使っていこうとしている国は実は少ないです。一応、米国、イギリス、マルタ、イラン、ベネズエラ、ロシアなどが挙げられるものの、使い方はまちまち。ちゃんとやっていきそうなところは前3国ぐらいじゃないかな?

中国やら韓国やらは、実は仮想通貨が無くてもキャッシュレスの世界が進んでますからね。日本は現金主義が根強く、一連の事件で仮想通貨を危険視する人も増えました。

というわけで、今後需要があるのは米国。

それは経済規模、人口、受け入れの状況などから見ても明らか。

日本の取引所が需要を求めて米国に進出していくのは、ある意味当然というところでしょうね。

日本国内の需要は・・・当分はないだろうね。

たぶん2~3年後に帰ってくると予想しています・ω・


ビットバンクトレード
サイトリニューアル告知!
だいぶ更新をサボ・・・ゴホッゴホッ。なかなか時間が取れてませんでしたから、一部情報が古かったりしています。
2019年1月に、一旦装い新たにバージョンアップしようと思ってます。
まあ、思ってるだけなんですけど。期待せずにお待ちください(笑)

イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!





Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする