仮想通貨保有の個人投資家が亡くなり、仮想通貨全体の流通量が減少している | 【仮想通貨情報局】爆死覚悟で仮想通貨投資してみた件について

仮想通貨保有の個人投資家が亡くなり、仮想通貨全体の流通量が減少している

仮想通貨の保有者が死亡した時、その保有者が保持していた秘密鍵が分からなくなり、資産が永遠に失われてしまう自体が発生しているようです。
カナダの証券取引所QuadrigacxのCEOが12月9日に亡くなり、約1億4500万米ドルもの仮想通貨資金が完全に失われてしまったとか。

この会社に仮想通貨を預けていた人も、資金にアクセスすることができなくなり、保証できなくなったQuadrigacxは破産申告。大きなトラブルとなっています。

特にQuadrigacxが取引量でカナダ最大の暗号取引所であったため、大量の顧客投資は冷蔵財布の喪失後に封鎖されていると理解されています。1人の顧客が70万ドルを失ったと報告されています。

特に所有者がレガシー管理によって第三者への財布へのアクセスを許可する秘密鍵を共有していない場合、暗号通貨が失われる可能性があります。

Quadrigacxは26,488 BTC、11,278 BCH、11,149 BSV、および35,320 BTGを失ったと伝えられている。約199,888 LTCおよび429,966 ETHも失われています。

情報ソース>>CEOが死んで1億4500万ドルのCryptocurrencyを獲得した後、カナダの証券取引所は倒産

ビットコイン取引調査会社Chainalysisによると、こういった事例は実際には世界全体で起きている事で、現在流通しているビットコインの25%が永遠に失われている、と予測しています。それにしても、この件の損失は凄まじい量ですよね・・・。

将来的に暗号資産の遺産相続などの問題は多くなる可能性が高いです。銀行では死亡届があれば家族は預金を引き出せますが、仮想通貨の場合誰にもアクセスすることができないわけです。

保有者が誰にも鍵を教えることなく死んでしまうというケースは増えていくでしょう。

相続が不可能な事態に陥らないように、家族の中に一人ぐらい、仮想通貨へのアクセス方法を教えておいた方がいいでしょうね。


ビットバンクトレード
サイトリニューアル告知!
だいぶ更新をサボ・・・ゴホッゴホッ。なかなか時間が取れてませんでしたから、一部情報が古かったりしています。
2019年1月に、一旦装い新たにバージョンアップしようと思ってます。
まあ、思ってるだけなんですけど。期待せずにお待ちください(笑)

イーサリアム、ビットコインCash、ネム、モナコインを安く買う&高く売るならココ!Zaifトークンも買える!





Binance【国内で取り扱いのないコイン多数!】
Binance:情報
運営会社   :-
取扱通貨   :ADA、ドージ、ステラ、IOTA、TRX、NEO、OmiseGO、ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど多数
入金方法   :ビットコイン、各種コインでの入金
取引方法   :個人間取引
Zaif【モナコイン・ネム・Zaifトークンの取り扱い】

Zaif:情報
運営会社   :テックビューロ株式会社
取扱通貨   :ビットコイン、ビットコインCash、ネム、モナコイン、Ethereum、各種トークン
入金方法   :銀行入金、仮想通貨入金
取引方法   :ユーザー間取引(BTCとモナコインのみ販売所もあり)
※登録後取引開始に時間がかかるので、事前登録を推奨

>>【必ず買おう!】ハードウォレットが必要な理由
>>LedgerNanoS(ハードウォレット)の使い方について
>>【今さら人には聞けない】イーサリアムの購入方法
>>【今さら人には聞けない】リップルコインの購入方法
The following two tabs change content below.

天才ビットくん

仮想通貨のプロ! ではなくズブズブの素人(笑)2016年9月からこの道に入っています。 このサイトはもともとリアル友人への情報提供の為に作ったものですので、自由にやらせてもらってます。PNの「天才ビットくん」が"ネタである"のに気が付かれない事が多く、天才ビット「さん」と呼ばれたりしてます。お、おぅ・・・ww 天才ビットくんについてはwikipediaでも調べてみてくださいww 順次仮想通貨に関する情報を公開していきますが、あくまで趣味でやっているから更新遅いけど許してー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする